ピクシブ百科事典

サルコスクス

さるこすくす

白亜紀前期のアフリカに棲息した史上最大級のワニの1つである。

データ

ニジェールのテネレ砂漠で発見され1966年に「肉を喰らうワニの皇帝」を意味するサルコスクス・インペラトルと命名されたこのワニは、フォリドサウルス類に分類されるワニ類で、現在のワニとは遠縁の種類であるが命名当初は見つかっている化石は2、3の歯と鱗板骨だけだったが、1997年と2000年に骨格のおよそ半分にあたる化石が発見され、全体像が分かってきた。

全長は12メートルに達し、体重も推定8トンと考えられ、同じ体格を誇ったデイノスクスよりもそのサイズには信憑性がある。その巨体故に英語での愛称は「スーパークロック」である。サルコスクスの棲息した頃のサハラ砂漠はオアシスのような環境で、ワニ類にとっては棲息しやすい環境であった。口が現在のガビアルに似て細長めであったためガビアル科と推測され、魚などを常食としていたと考えられるが、当時のサハラ砂漠には多くの恐竜も棲息しており、サルコスクスがその巨体を利用してそれらの恐竜を捕食していた可能性は十分考えられる。

関連タグ

ワニ 古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「サルコスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1103

コメント