ピクシブ百科事典

概要

テレオサウルスに近縁な中鰐亜目
もっとも最後まで生存したテレオサウルス科で、多くのテレオサウルス科がジュラ紀に絶滅してしまったのに対し、マキモサウルスは白亜紀まで生存した。
大きさも最大級で、最大種では全長・ボリュームともにサルコスクスプルスサウルスに劣らない。

食性は肉食で、魚竜首長竜などの海棲爬虫類や、イクチオデクテス形目等大型魚を捕食していたと考えられている。
鰭を持たなかったが、尾には強靭な筋肉が付いていたと考えられるため、獲物を執拗に追いかけて仕留めたかもしれない。

関連タグ

中鰐亜目

関連記事

親記事

テレオサウルス てれおさうるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキモサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42

コメント