ピクシブ百科事典

概要

ジュラ紀前期の海に生息していた中鰐亜目の生物。
テレオサウルスに近縁で、テレオサウルスと同じく手足や尾は鰭になっていなかった。このことから、上陸は十分可能と思われ、時折浜辺を歩く甲殻類や打ち上げられた魚を食べたかもしれない。
手足は短く、ウミイグアナの様に手足をぴったりと胴体につけて泳いだと考えられている。
この泳法は鰭を持つ仲間よりも非効率的だったが、魚を捕らえたり敵から逃げるには十分だった。

背には装甲があり、小型のプリオサウルス類などの天敵の奇襲から身を守ることができた。

関連タグ

古生物

関連記事

親記事

テレオサウルス てれおさうるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ステネオサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント