ピクシブ百科事典

テレオサウルス

てれおさうるす

爬虫綱ワニ目テレオサウルス科に属し、中生代ジュラ紀前~中期のフランスの海に棲息した海生ワニ類の1つである。
目次[非表示]

概要

中鰐亜目と呼ばれるに適応したワニの仲間である。
学名の意味は「全くのトカゲ」。
全長3m。
食べ物は主にイカ等。

特徴

に生息していたワニの仲間で、その細長い体をくねらせて海中を遊泳していたと言われている。頭部が 現在のガビアルのように細長い吻部をしており、のような鋭いが並んでいた。恐らく魚やイカなどを捕食していたと言われている。海生のワニであるが、は鰭に変化しておらず、前足が小さいのが特徴である。海生のワニには足が鰭に変化し、高度の水中適応したゲオサウルス等が知られている。

関連タグ

爬虫類 主竜類 ワニ目 
中鰐亜目 メトリオリンクス

pixivに投稿された作品 pixivで「テレオサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144

コメント