ピクシブ百科事典

アリゲーター

ありげーたー

アリゲーターとは、ワニの一種。または『バイオハザード』シリーズの敵モンスター。
目次[非表示]

概要

ワニ目正鰐亜目アリゲーター科に属するグループの1つ。
河川や湖、池沼、湿地に生息する。
ヨウスコウアリゲーターやミシシッピワニ(アメリカアリゲーター)の北部個体群は冬に横穴の中で冬眠を行う。

生態

食性は肉食性で類、爬虫類類、哺乳類昆虫類甲殻類、類等が主食。
アメリカアリゲーターは稀に家畜や人を襲うこともあるが、基本大人しい。

繁殖

繁殖形態は卵生で、メスは6~7月に土、枯草、落ち葉等を集めた巣の中に卵を産む。
さらにアメリカアリゲーターではメスは卵や幼体を次の年の春まで保護する。

主な種類

  • ミシシッピワニ(アメリカアリゲーターとも)
  • ヨウスコウアリゲーター(ヨウスコワニとも)
  • デイノスクス(本種最大に絶滅した種。ミシシッピーワニに近縁とされる)


『バイオハザード』シリーズのアリゲーター

T-ウイルスによって巨大化・凶暴化されたアリゲーター。『2』、『GS』と『RE:2』で登場する。
ウイルスに感染した実験体が下水道に潜み、化学廃棄物や汚染物質、ウイルス感染生物を貪欲に食らい続けた結果、恐竜のような圧倒的巨体へと異常成長を遂げたもの。
T-ウイルス汚染後の狂った下水道の食物連鎖で頂点に君臨していた捕食者であり、とりあえず目の前の物体には何にでも噛み付いてしまう貪欲さと凶暴さを有している。
しかし、爬虫類・両生類はT-ウイルスにそのまま感染しただけでは巨大化と凶暴化以外に目立った変異を見せないという特徴はこの怪物鰐とて例外ではなく、噛み付いたモノを咥えて食べられるかどうかを確認するなどの鰐特有の習性は相変わらず残っている。

とりあえずその巨大な顎で噛み付かれると即死で、接近を許すことは避ける必要がある。
一見は即死攻撃を持つ強敵だが、『2』では高圧ガスボンベを利用すればハンドガン一発で相手の頭をぶっ飛ばすことができ、これが一番正しい選択である(撃退の場合は裏編で再登場)。逆にガスボンベを使わない場合、入り口に追い詰められてしまうまでに撃退しなければならない。しかし特に苦手な攻撃が無く攻撃のチャンスもあまりないので、とにかく威力のある武器を撃ち込むのが最適解かもしれない…

『GS』ではガスボンベがなく、銃撃で真っ向勝負する必要がある。即死攻撃はしてこなくなったので、そこだけは安心。

『RE:2』ではアリゲーターに追われた状態で戦闘を開始。戦場は真っ直ぐな下水道になったので、トドメ用の爆発物を見落とす心配がなくなったが、障害物を利用しないと確実に食われる(=即死)。
レオン曰く「食いしん坊」




関連タグ

爬虫類 ワニ目 ワニ
カイマン

関連記事

親記事

ワニ わに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリゲーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27630

コメント