ピクシブ百科事典

アロダポスクス

あろだぽすくす

爬虫綱ワニ目アロダポスクス科に属し、中生代白亜紀後期のヨーロッパに棲息したワニ類の1つである。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「異なるダポのワニ」。
全長3m。
食べ物はや小型の哺乳類恐竜の死肉等。

特徴

ヨーロッパから発見された白亜紀後期、特に、ロ・ウエコから化石記録には、ヨーロッパ特有の分類群があり、それが現生のワニ類に近縁であることを示している。このグループは、白亜紀後期のヨーロッパ諸島で複雑に分布していた。ロ・ウエコからは、この正鰐類の多くの頭部を含むの化石が発見されている。ロ・ウエコには、少なくとも2種類の正鰐類がいた。1つは大きなと幅が広く丸みのある吻部を持つ種類で、2種類目は長いとほっそりした吻部を持つ種類である。

関連タグ

爬虫類 主竜類 ワニ目 
ワニ

pixivに投稿された作品 pixivで「アロダポスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント