ピクシブ百科事典

ノトスクス

のとすくす

爬虫綱ワニ目真鰐亜目ノトスクス科に属し、中生代白亜紀後期のアルゼンチンに棲息した陸生ワニ類の1つである。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「南のワニ」。
全長1.5m。
食べ物は昆虫や小型の哺乳類恐竜幼体、そして死肉等。

特徴

現在のワニのように半水棲ではなく、頭骨が比較的短く、鼻孔が前方に向いているなど完全に陸上に適応した小型のワニである。特筆すべきは、その爬虫類としては大変、特徴的で現生のワニ類の歯はすべてがほぼ同じ形の円錐状であるのに対し、本種はその位置によって歯の形状が異なり、哺乳類のように前歯犬歯奥歯の違いがあり、奥歯には複数の突起があった。その特徴から「哺乳類型ワニ」とも言われている。

関連タグ

爬虫類 主竜類 ワニ目 
ワニ

pixivに投稿された作品 pixivで「ノトスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190

コメント