ピクシブ百科事典

シモスクス

しもすくす

爬虫綱ワニ目真鰐亜目ノトスクス科に属し、中生代白亜紀後期のマダガスカルに棲息した陸生ワニ類の1つである。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「ずんぐりした鼻先の、ワニの頭をしたエジプトの神」。
全長1.2m。
食べ物はトクサシダ等の植物

特徴

ワニというとが長く伸び、鋭いがあるをパックリ開けるイメージがあるが、このシモスクスは風変わりな顔つきをしている。口吻は非常に短く、頭を上からみると丸みを帯びた正方形の形をしていて、高さのある頭骨をしている。前方に移行した顎関節に鳥盤類恐竜を思わせる球根形の多咬頭歯を持っている。歯はの歯のようにギザギザしており、その特徴から珍しい草食性のワニと考えられている。

関連タグ

爬虫類 主竜類 ワニ目 
ワニ

pixivに投稿された作品 pixivで「シモスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234

コメント