ピクシブ百科事典

ストマトスクス

すとまとすくす

爬虫綱ワニ目真鰐亜目ストマトスクス科に属し、中生代白亜紀中期のエジプトに棲息した水生ワニ類の1つである。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「武器無しの歯をしたワニ」。
全長10m。
食べ物は小魚プランクトン等。

特徴

最初のワニの仲間は三畳紀に メガランコサウルスなど樹上生活をしており、さらに後の白亜紀には水辺に棲む者や草原を駆け回る者、またに適応した者まで現れ、多様性に富み、繁栄していた。このストマトスクスはとても風変わりなワニでヒゲクジラのような頭をしていたといわれ、大きななどに生息し、ヒゲクジラのように小魚やプランクトンを水ごと飲み込んでいたと考えられている。そのためは退化している。標本は第二次世界大戦中ドイツのミュンヘン博物館が爆撃を受けたため破壊された。これはスピノサウルスの標本も破壊されたことで有名である。

関連タグ

爬虫類 主竜類 ワニ目 
ワニ

pixivに投稿された作品 pixivで「ストマトスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349

コメント