ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

3mmジョイント

さんみりじょいんと

3mmジョイントは、プラモデルなどで用いられている一種の共通規格である。
目次 [非表示]

概要編集

ガンプラに代表されるスナップフィット方式(組み立てに接着剤を用いないはめ込み式)のプラモデルにおいて、「接続軸を穴にはめる」形でパーツを接続・固定する箇所は多い。この軸と穴の直径を3mmに共通化し、他のプラモデルとのパーツの付け替えを容易にしたプラモデルが複数登場している。これにより、シリーズやメーカーの枠を超えたカスタマイズなどを簡単に楽しむことが可能となっており、カスタマイズ遊びを前提に展開されているシリーズも多い。また、完成品フィギュアや組立式のカプセルトイにも、同様に3mmジョイントを用いた組み替えを前提としたものがある。


ロボットプラモデルの場合、外装に3mmジョイントを設けて武装などの他のパーツを接続できるようにした形式が最もポピュラーだが、腕や脚の関節部の接続軸を3mmにして他のキットのパーツと付け替えられるようにしたものや、『フレームアームズ』のフレームアーキテクトのように共通フレームに複数の3mm穴を設け、そこに外装を取り付けていく形のものも少なくない。また、カスタマイズなどを意図していないキットであっても、股間や背中などにスタンドを接続するための3mm穴を持っていることがあり、そこから強引にカスタマイズを進めていく猛者もいる。


3mmジョイントを採用したシリーズ編集

コトブキヤ編集

公式でも自社の複数シリーズを組み合わせたカスタマイズ例を度々提示している。

バンダイ編集

トミー/タカラトミー編集

PLUM編集

メガハウス編集

ボークス編集

  • ブロッカーズ - 基本的には独自規格の4mmジョイントを採用しているが、3mmジョイントと接続するための「3-4ジョイント」が用意されている。

エポック編集

日東科学編集

  • オモロイド - 遥か昔の1980年代に展開されたシリーズだが、支援メカが3mmジョイントによる組み替え・カスタム遊びに対応している。

関連イラスト編集

3mmジョイントなどを用いたキットのカスタム事例。

センシティブな作品改造アルトセンシティブな作品


別名・表記ゆれ編集

3mm穴 3mm軸 3ミリジョイント


関連タグ編集

プラモデル

キャラクターモデル

ユニバーサル規格(主にガンプラで用いられる、本体に9mm間隔の2つの3mmジョイント穴を、バックパックに9mm間隔の2つの3mmピンを設けている接続規格。ただし本体やバックパックの形状によっては干渉して接続できない事もある)


この記事のカテゴリ編集

フィギュア

関連記事

親記事

プラモデル ぷらもでる

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました