ピクシブ百科事典

オモロイド

おもろいど

1980年代に日東化学(後にサニー)が発売した二頭身ロボットのオリジナルプラモデルシリーズ。メカデザインを大河原邦男が担当した事から「大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド」が正式タイトル。
目次[非表示]

ストーリー

人々が平和に暮らすディフォルメ星に、惑星ビースターのビュアリン率いる悪の軍団アクレムリン軍が侵略を開始した。
ディフォルメ星のカワラス国王と王子オーク・カワラスは、スーパーコンピューター「ディフォルメス」を用いて可変メカによる防衛軍ポンタゴンを組織し、アクレリン軍に対抗する。

レミア&タ・ペット
DARTH-BOSS


概要

1980年代に日東化学が製造販売したオリジナルロボットのプラモデルシリーズで、二頭身のユニークな外見で兵器やメカアニマルに変形するロボットのデザインを大河原邦男が手がけ、キャラクター関連の設定は漫画家のときた洸一が手がけた。

「ダース・ボス」「グ・ロット」「ズィーバー」「タ・ペット」「ピ・ボット」「グリンク」の6種類をリリースしたところで、版権がサニー・インターナショナルに移り、以後のシリーズは同社から販売された。欧州でも「Web Warriors」のタイトルで販売された他、サニー廃業後は韓国や中国の会社に金型が渡って生産されていた。

オモロイド達の外見は、タツノコプロのアニメにでてきそうなユニークなデザインをしており、ポンタゴン軍は飛行機や戦車や潜水艦に、アクレムリン軍は恐竜や翼竜や巨大昆虫といったモンスターに変形する。以外とストーリー自体はハードだったりする。

また、「グ・ロット」「ズィーバー」「グリンク」は、コミックボンボンに連載されていたプラモ漫画の金字塔「プラモ狂四郎」において主人公の京田四郎に対する敵役三人が使うプラモとして登場し、パーツをバラバラにしてからオリジナルの八頭身ロボに合体すると言う離れ業をやってのけた。

ゲームボーイメトロイド 2 RETURN OF SAMUSのCMにて「メトロイド オモロイド」と言うダジャレが使用された事がある為、メトロイド関係の投稿動画にこのタグが使用されている場合がある。その場合、由来は確実に前記のダジャレが元。

ポンタゴン軍

ピ・ボットMarkⅡ
デルタ ピ・ボット


ポンタゴン軍の主力&主人公機にあたる可変艦上戦闘機。形式番号はKAWARAS F-1A。
ロボット型から可変翼をもった戦闘機型へと変形する。
一応量産機でもあり、001号機がオーク・カワラス王子の専用機となっている。
可変支援戦闘機FPA-9000ZSことフリッパーと合体する事で「デルタ=ピ・ボット」になる。
また後継機として、KAWARAS F-11A こと ピ・ボットMk-II も登場する。

タ・ペット


赤のボディカラーがまぶしいポンタゴン軍の主力可変戦闘攻撃機。形式番号はKAWARAS FA-12B。
ロボット型から可変翼をもった戦闘機型へと変形する。
ピ・ボットより後発である事も手伝ってポンタゴン軍最速でパワーも最強という主人公を食ってしまいそうなスペック持ち。
後に可変機動戦車 TM-3CV こと タンデムの登場により地上戦でも活躍できるようになる。
専用機も二機確認されており、グリーングレー系のカラーリングとシャークマウスのペイントが施した「ファイアードラゴン2」の愛称を持つティアル・プルシアン大尉用スペシャルチューン機と、試作タイプをチューンしてピンクのカラーリングにしたレミア・ラック専用カスタム機「スーパーラビット」がある。

ソル・マック


大鵬薬品の胃腸液ではない。ミスターヘリの大冒険でもない。
ポンタゴン軍の可変ヘリコプターで、ロボット型からヘリコプター型に変形する。形式番号は「FS-3B」。

サブロン


ポンタゴン軍の可変潜水艦。ロボット型から潜水艦型に変形する。形式番号は「MM-8N」。
グリンクに対抗する為、両肩に超強力な魚雷を装備している。

バートロ


ポンタゴン軍の可変地底戦車で、ロボット型からドリルタンク型に変形する。形式番号は「LA-6A」。
厚い装甲を持っているが、用途が特殊だった為量産はされておらず、設定上は20機ほどしかつくられていない。

ポンタゴン軍の陸戦用メカで、肩にキャノン砲がついていないガンタンクの様なものに変形する。
商品自体は告知のみで発売はされなかった。

ツインビーの3Pではない。ビック・パーとの連携プレイが得意な戦闘機に変形する。形式番号はFA-15C。
設定上は、ピ・ボットやタ・ペットと共にポンタゴン軍の第一独立部隊を構成するのだが、告知のみで販売はされなかった。

対ダース・ボス用に開発された大型メカ。輸送機に変形する。形式番号はAA-1X。
告知のみで商品は販売されなかったが、内部にウィン・ビーを多数搭載していると言う設定の為、機体の大きさ的には最大だったのではと推測される。

アクレムリン軍

ダース・ボス


アクレムリン軍最強のZグレードスクランブラーで、帝王ビュアリン専用機。
人型からトリケラトプス型に変形する。
なおトリケラトプスと言いながらも角は無く、プロトケラトプスと言った方が近いかもしれない。

グ・ロット


アクレムリン軍のXグレードスクランブラー。
水中でも行動可能な量産機で、ブロントサウルス型に変形する。
アクレムリン軍初の量産機でビーストモードでは口から冷凍光線を吐く。機動性で劣るのが難点。

ズィー・バー(シェリー・レイラー中尉機)


空中をマッハ3で飛ぶVグレードスクランブラー。プテラノドン型に変形する。
一般機はライトブラウンを基調とした色だが、女性エースであるシェリー・レイラー中尉専用機は右手をオプションのマシンガンに換装したパープルを基調とした機体で、イラストはそのシェリー機である。

グリンク(シェリー・レイラー中尉機)


グ・ロットを発展させた水中戦用Sグレードスクランブラー。首長竜型に変形する。
後に宇宙戦用に転用されたスペースグリンクも開発された。
イラストはシェリー専用機カラーで、一般機はグリーン系の塗装。

トリッキー


ポンタゴン軍の航空戦力に対抗する為に開発されたTグレードスクランブラー。
飛行メカに変形してそのドダイになるが、主にダース・ボスが使用した。
作業用メカとしても機能し、他機からのコントロールで無人でも動かせる。

ヴィークル


飛行能力と強力な角と厚い装甲を持つDグレードスクランブラー。カブトムシ型に変形する。
実はダース・ボスと競作された機体で、コンペに負けてしまったオリジナル機は特殊攻撃隊のドルテモ・ランク大佐専用機として完成する。レプリカも数機製作された。

アイアンヘッド


地上制圧用の量産型Mグレードスクランブラー。丸い目をしたトカゲ型に変形する。
シリーズ商品としては後発だが、設定上はアクレムリン軍で最も量産された戦闘員的な機体。
そのため、機体ごとのバリエーションも多かったようである。

爆撃を得意とする空中攻撃メカ。でっぷりとした体形の鳥(スズメらしい)に変形する。
商品自体は告知のみで発売はされなかった。

エリマキトカゲ型に変形し、逃げ足が速いという当時の世相をダイレクトに反映したメカ。
商品自体は告知のみで発売はされなかった。

関連タグ


関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「オモロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8516

コメント