ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ツインビー

ついんびー

ツインビーは、コナミデジタルエンタテインメントのメディアミックス作品「ツインビー」シリーズに関連するタグ。および、その作中に出てくる主人公のメカの名前。本稿では、ツインビーシリーズ全体について説明する。
目次[非表示]

キャラクターのツインビーについては、ツインビー(キャラクター)を参照。

概要

コナミのロングセラーシリーズの1つで、1985年3月5日のアーケードゲームで初登場。当時としては画期的な、二人同時プレイ可能なシューティングゲームで、丸みを帯びた自機デザインや、動物や果物など身近な存在をモチーフにした可愛らしい敵キャラクターも特徴。

基板はそのデリケートさや、コナミモーニングミュージックなどで有名なバブルシステムを使用している。

ゲームルールは対地対空の概念がある縦シューティングで、10面をクリアすれば一周となる。
パワーアップシステムが独特で、対空弾で雲の中に隠れたベルを弾き出し、一定数の撃ち込みによりベルの色を変え、キャッチ時の色に応じて様々なパワーアップが得られる仕様となっている。ベルへの撃ち込みと、敵との応戦を並行して行う必要がある為、特に高次面でミスすると復活が困難な事で知られた。

現在の設定(イメージ)やキャラクターデザインは出たな!!ツインビー(1991年)以降に定着した部分が大きい。また1993年にはこれらを設定を基としたラジオドラマ『ツインビーPARADISE』が制作され、コナミがメディアミックス展開事業を行うきっかけを作り、大きく貢献する作品にもなった。

コミカルなシューティング同士で親和性が高い為か、後に同社が手掛けるパロディウスシリーズの多くの作品でも出演を果たしている。

他、コナミワイワイワールドで乗機として登場したり、MSXグラディウスにて特定の条件を満たす事で自機として登場するなど、同社がリリースしたゲームで機体やパイロットが客演する事が多く、またときめきメモリアルでは隠しゲームとしてプレイする事が可能となっている。

ストーリー(第1作)

宇宙暦2801、平和なドンブリ島に突如としてスパイス大王率いる軍隊が攻め寄せてきた。
スパイス大王は島を占領すると、島に伝わる5つの宝の玉を部下の4人の将軍に分け与え、島は分割統治されることになった。
一方、島のはずれに住んでいた風変わりな科学者シナモン博士は2機の戦闘機「ツインビー」「ウィンビー」を密かに開発していた。そして博士の弟子(初期は息子という設定だった)「アンナモン」と「ドンナモン」がそれぞれ乗り込み、スパイス大王の軍勢に対し勇敢に戦いを挑んでいった・・・。

余談

リア充カップルが家でイチャイチャしながらプレーするのに最適(他にはぷよぷよとかNewマリWiiとか)。
それを意識したものではSFCでリリースされたポップンツインビーにおいて「カップルモード」なるオプションがあり、片方のプレイヤー(ツインビー側)に敵の攻撃が集中するようにできるものがある。
これは後に実況おしゃべりパロディウスforever with meの二人同時プレイのオプションにも採用されている。
NEWラブプラスからカノジョと遊ぶゲームのひとつとしてツインビー+が追加された。当然ツインビーはカレシ、ウインビーはカノジョが操作する。

派生作品

ツインビーRPG
ツインビーPARADISE

シリーズの関連キャラクター

ツインビー(CV:田中真弓
ウインビー(CV:西原久美子
グインビー(CV:伊藤美紀
ライト(CV:山口勝平
パステル(CV:椎名へきる
マドカ(CV:國府田マリ子
メローラ姫(CV:井上喜久子
メロディ女王(CV:天野由梨
サリュート(CV:山崎和佳奈
バロンビー(CV:川津泰彦

関連タグ

レトロゲーム コナミ  ベル 
ウインビー国民的アイドル化計画 合言葉はBee!
パロディウス カプセルJ

関連記事

親記事

コナミ こなみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2272614

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました