ピクシブ百科事典

コナミワイワイワールド

こなみわいわいわーるど

コナミデジタルエンタテインメントのゲーム「コナミワイワイワールド」に関連するタグ。しかし、タグとしては【ワイワイワールド】のほうが少し多い。
目次[非表示]

概要

1988年に発売されたコナミの自社コラボレーション作品。
同社のソフトに隠れキャラクターとして登場していたコナミマンが主人公。またパートナーとなる女性キャラコナミレディも本作で誕生した。
大魔王ワルダーによって囚われの身となった6人のコナミヒーロー達を助け出し、
最後はワルダーのいる星にビックバイパーツインビーで向かい、
(この間は縦スクロールシューティングゲームとなる)
最深部に潜むワルダーを倒すのが目的。2人同時プレイが可能。

2006年には携帯電話コンテンツ「コナミネットDX」の『コナミ名作シリーズ』
第1弾として、移植・配信された。
携帯電話版は、版権の都合上「グーニーズ」のマイキーとキングコング
(両者とも元々は洋画のキャラクター)の代わりに、『バイオミラクル ぼくってウパ』のウパと『夢大陸アドベンチャー』のペン太が登場している。

プレイヤーキャラクター


コナミネットDX版で追加されたキャラクター


ゲームブック版

著者は塩田信之、制作/編集はスタジオ・ハード。

コナミマンとレディのそれぞれを主人公としたシナリオが用意されており、同著者が双葉社で書いていた「ルパン三世 謀略の九龍コネクション」に似ている所があるものの、こちらの方はコナミマンはギャグ重視、コナミレディはストーリー重視とバランス良く作られているのが特徴。

マンはゴエモン、コング、モアイの順に救出する。なおゴエモンは「ござる口調」である。
レディはシモン、マイキー、風魔の順に救出する。なお風魔はなぜか常に「月風魔」とフルネームで呼ばれている。

ワイワイワールド2 SOS!パセリ城

1991年には続編の「SOS!パセリ城」も発売されているが、
前作のようにいつでも好きな時にプレイヤーキャラを変更できるのではなく、
ゲーム開始時に変身パターンを選択、ステージ中で手に入るアイテムを取得することで
パターン内のキャラクターに変身する方式に改められた。
制限時間とライフを兼ねたタイマーが0になると元の姿(リックル)に戻ってしまう。
また、シューティングだけでなくパズルレースなどのミニゲームも新たに加わっている。

プレイヤーキャラクター


関連動画

完成度は高く名作と言える出来。

2は1程ではないが良作、コナミマンとレディはチョイ役に降格。

関連タグ

コナミ ワイワイワールド レトロゲーム コナミマン コナミレディ
クロスオーバー コラボレーション

pixivに投稿された作品 pixivで「コナミワイワイワールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206262

コメント