ピクシブ百科事典

エビス丸

えびすまる

『エビス丸』とは、コナミによるゲーム作品『がんばれゴエモン』シリーズに出演する架空の人物。
目次[非表示]

概要

コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が手掛ける『がんばれゴエモン』シリーズの古参キャラクターであり、ゴエモンと共に同社を代表する看板キャラクターの1人。
七福神恵比寿、あるいは布袋を思わせる福々しい顔相に恰幅の良い体型、青地の忍び装束と併せの頬被り、関西弁がトレードマーク。

モチーフは、江戸時代後期の文政年間に存在したとされる盗賊鼠小僧次郎吉』。キャラクターデザイン自体はゴエモンシリーズ開発チーム『ゴエモン制作委員会』の中心人物であったゲームプログラマの蛭子悦延がモデルとなっている。

初登場となるファミコン版『がんばれゴエモン2』では『ねずみ小僧えびす丸』名義であったが、外伝作『きえた黄金キセル』以降は『エビス丸』表記で統一されている。

プロフィール

『がんばれゴエモン2』FC版の取扱説明書に記載。

身長165cm
体重70kg
星座おとめ座
血液型AB型
趣味食う・寝る・遊ぶ
特技鼻で笛が吹ける!

人物

正義忍者」を自称し、行動の大半をゴエモンと共にする相棒女房役。かつては一人働きをしていたが、かねてより噂を耳にしていたゴエモンに手を貸した一件を契機に付きまとう様になり、現在はゴエモンの相棒として共に数多くの戦いを乗り越えている。

普段はひたすらマイペース道化者という掴み所の無い人物で、茶店団子を何よりも好む大食漢
持ち前の面相に滲み出る愛嬌と円やかな性格から憎めない反面、見世物小屋舞台に乱入して裸踊りを披露したり、忍術のためとは言え平然とチュチュを着込んだり、シリアスな場面であろうともボケを差し込むなどの無軌道振りを存分に発揮するお調子者であり、自身を「絶世の美男子」と信じて憚らないナルシストでもある。
しかし、仲間が窮地に陥った際にはその安否を誰よりも気にかけ、自分以上にボケてみせる相手には鋭いツッコミで的確に場を繋ぎ、些細な思い違いから悪党に身を落とした獅子重禄兵衛に怒気を顕わにして説教し性根を叩き直したりと、まるで無神経という訳ではない。

贅肉を揺らすほどの肥満体でありながら長時間に渡って身軽に動き(プロフィールからも、見た目と裏腹にそんなに体重は無い)、時には玩具食品ですら武器として自在に使いこなす器用さも備えている点から、そのトボけた外見や振る舞いとは裏腹に、忍者としての極めて高い資質を垣間見せる。
ちなみに初期作品では笛だったのだがマッギネスからはコロコロと変わっている。

はぐれ町(作品によっては大江戸はぐれ町)の長屋に住まうゴエモンを頻繁に訪ねる事から別居しているのは確かだが、エビス丸の居宅がどこであるかなど私生活については多くの謎に包まれている。
一方、『でろでろ道中』では瓜二つの愛娘であるマオの出演によって主要キャラクター陣で唯一の既婚者である事実が明かされている。

関連人物

獅子重禄兵衛の側近。重禄兵衛とゴエモンの関係が子孫と先祖という間柄なのに対し、人相こそ瓜二つだがエビス丸との血縁関係の有無に関しては最後まで明かされなかった。

どことなくエビス丸に似た風貌を持つ泥棒。自身を「シティボーイ」と大言して憚らないナルシストだが、その割には広島弁で捲し立てるガラの悪さが目立つ。
元は『奇天烈将軍マッギネス』の町ステージに徘徊している名無しのマイナスキャラ・泥棒だったが、きらきら道中にてサブキャラに昇格した。

腕利き揃いで名を馳せる治安警備隊「ご組」の一員であり、機械整備を一手に担うメカマニアの女の子。所属間もない新人ながら組頭の推薦を受け、ゴエモンと共に妖魔討伐の任務に旅立つ。
か弱い女の子なので、旧作のエビス丸同様に機動力に欠けるが、自作のからくり武器を駆使した攻撃により、全メンバー中最高の攻撃力を誇る。

声優


関連イラスト

  • エビス丸
スマブラにゴエモンも出すべき



  • シスタ-・ビスマル

重禄兵衛さまの秘書の方



  • おびす丸

宿命の対決!?



  • エビス

えびす。



  • 絶世の美男子

パズルだま仕様



余談(ファミコン版『2』エンディングのネタバレ含)

古参プレイヤーにとってはもはや有名な話しであるが、初登場となるファミコン版『がんばれゴエモン2』では、エビス丸は、実は、変身からくりの術で男性に姿を変えられた女性だったというオチになっていた。

やっと もとのすがたに・・・


次回作である外伝作『きえた黄金キセル』では設定変更され、「ゴエモンと初対面かつ正真正銘の男性」と再設定され上述の女性設定はなかったことにされた。(「仲間たちが変身からくりの術でエビス丸そっくりの姿に変えられてしまう」という展開で一応のつじつま合わせは行われている)
制作者の蛭子氏によれば「新規に2Pキャラクターを考えるのがめんどくさかったから」だとか。

なお、エンディングにおけるエビス丸の真の姿は、次回作『きえた黄金キセル』で初登場となるヤエちゃんに非常によく似たデザインとなっている。
また、公式サイトで公開されている『2』の企画初期案内のエビス丸の正体のラフ画は、興味深いことに、ボンボン版のヤエちゃんの初期キャラデザインと同じポニーテールだったりする。

【落描きログ】エビス詰め(オビとビスもおるよ)


ファミコン版『2』でエビス丸に変身からくりの術をかけた張本人、からくり権左衛門はエビス丸が主役のスピンオフ作品『それ行けエビス丸 からくり迷路』に再登場し、真エンディングでエビス丸との会話シーンもあるので興味のある人はプレイしてみるといいかもしれない。

関連タグ

がんばれゴエモン 帯ひろ志
ゴエモン サスケ ヤエちゃん ゴエモンインパクト

関連記事

親記事

がんばれゴエモン がんばれごえもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エビス丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 369723

コメント