ピクシブ百科事典

カブキ(がんばれゴエモン)

かぶき

『カブキ』とは、コナミによるゲーム作品『がんばれゴエモン』シリーズに出演する架空の人物。
目次[非表示]

概要

スーパーファミコン版の第一作『ゆき姫救出絵巻』での登場以来、派生作品も含めてシリーズ最多出演を誇るキャラクター

ゴエモンとの戦いに破れて以降、ゴエモンを倒す事だけを生き甲斐に己の体をサイボーグ化してまで挑戦を繰り返す復讐

変遷

ゆき姫救出絵巻

ステージ6「山城」(現在の京都府南部地域)の難所『天狗』を根とし、旅人から金品や通行手形を強奪する一人働きの悪党つづら助六』として登場する。

塗りの顔にの筋隈、入れ子枡の地抜をあしらった海老着物の下の着込んだ甲冑や袂を絡げるだんだらなど、その姿は『歌舞伎十八番』の1つ『』(しばらく)に登場する主人公鎌倉権五郎景政」(かまくらごんごろう かげまさ)を彷彿とさせる。

からくり機構を持つ巨大な葛籠(つづらかご)から姿を現す第一形態では、空中浮遊からの強烈な急降下と画面全体に降らせる桜吹雪で牽制するが、葛籠を失った第二形態では自慢の巨体を活用した大地を揺るがす飛び六方で左右に移動し、かつらブーメランを織り交ぜた強烈なコンビネーションを駆使して本領を発揮する。

漫画版では、コミックボンボンコミカライズを手掛けた帯ひろ志プロレス好きが高じて実在のプロレスラーザ・グレート・カブキ」をもじった『グレートル(愚れとる)・カブキ』の名称で登場する。名前の由来通りにプロレス勝負を申し込んでゴエモンを圧倒したが、形勢逆転の末に敗北を喫した。

奇天烈将軍マッギネス

カブキ、再び。



中国地方から近畿地方を支配下に置いたマッギネス隊の拠点『かぶき城』に駐留し、その最上階で待ち構える拠点責任者『かぶき・りたーんず』として登場する。

復讐に燃えて鍛錬に明け暮れていた頃、日本支配の準備を進めていたマッギネス=カス=テイラ直属の科学者集団「マーブル五人衆」の1人であるマーブル・ブルーにスカウトされ、より強い力を得るためにからくり改造手術の提案を飲み、この改造手術を契機に助六の名を捨ててゴエモンを倒すためだけに存在するキリングマシーン『カブキ』となる。

を中心に大幅な機械化が施されており、足裏のジェット噴射で跳躍力を増した飛び六方や一回の噴出量を多くした毒霧に加え、背中の葛籠から発射されるのは桜吹雪ではなく2種類の射出タイプを持つエネルギー弾「マーブル弾」に、かつらブーメランも追尾性能を付与した「ホーミングかつら」に強化されている他、袴の地抜紋が入れ子枡から三つ入れ子枡(歌舞伎十八番をお芸とする市川宗家の家紋)に変わった。

なお、条件を満たすと出現する隠しステージに進み、さらにそこで提示される4つの条件をクリアして挑戦可能となる「ばーちゃ地獄」の最奥部で本来のボスを倒した後、時空が歪んだ空間から突如として現れてまさかの再戦となるが戦闘能力に別段の変化は無い。

漫画版では人間形態も披露しており、その外見はまさしく『ターミネーター』のイメージそのものとなっている。尽きる事無く湧き上がる復讐心を源とした驚異的な戦闘力でゴエモンたちをあと一歩まで追い詰めるも、サスケちょんまげ機能に怯んだ隙を突かれて貫通小判の痛烈な一撃を浴びて再び敗れる。

獅子重禄兵衛のからくり卍固め

復讐の戦士



規定の条件を満たすと現れる本当のエンディングシーンで、もはや異形と化した巨大からくりサイボーグ『かぶき・ふぉーえばー』として登場する。

この時、シスタービスマルに伴われて大江戸はぐれ町で暴れ回った謎のからくりサイボーグ『からくり用心棒』が自分であった事、おみつを攫ったビスマルを追って時空を航行していた時にゴエモンインパクトに妨害工作を仕掛けた事など今回の一件に深く関与していた真の黒幕である事実を自ら明かし、からくり再生能力を結集した最終形態でゴエモンとの一騎打ちに臨む。

前2作品と比べてゴエモンたちの4倍近くある巨体に似合わぬ軽やかな飛び六方や高低差の激しい毒霧で襲い掛かるが、最も怖ろしいのはホバージェットで一気に間合いを縮めて両手のを振り下ろす直接攻撃であり、全身を使って繰り出される鉈の範囲は画面の約25%に及ぶために逃げ遅れれば必中は免れない。

ちなみに、この時のカブキは「遥か遠い未来から時空を越えて現れた」という設定、即ち後発作品に登場する様々な改造体を経た末の姿となっており、一見しただけでは原型を留めている部位がまるで見当たらない事からもそれが如実に示されている。

でろでろ道中 オバケてんこ盛り

ビスマルが物知り爺さんから奪い取り、かつて妖怪世界を蹂躙した恐怖の大魔王『ドウチュウ鬼』の復活に利用された発明品「召喚マシーン」の番人復讐の戦士 カブキ64』として登場する。

頭髪が白色になり、マニピュレーター化された両やジェット内蔵型の両足がサイバネティックボディと人工表皮の導入で生身と見紛う精巧な機械体に置き換えられた他、海老茶に白抜の紋袴が地に赤抜の紋袴に変わり、紋自体も隅立て三つ入れ子枡となった。

りたーんずの時と比べてゴエモンたちの3倍近い巨体となったにも関わらず驚くほど身軽な飛び六方で近付き、飛躍的に噴射時間と出力が向上した毒霧で動きを封じ、相手の攻撃に大判の下駄で応じる防御形態を展開するようにもなり、従属する海坊主に強烈な金棒の一撃を繰り出す指示を出す戦略も織り交ぜた多彩な攻撃を仕掛けてくる。

また、撃破後には不測の事態に備えて建造した巨大からくりメカ『チョー戦国メカ カブキファイナル』に憑依させてすぐさま出撃し、そのまま再戦に臨む。

もののけ双六

第6マップ「インパクトデッキ」で立ちはだかる相手『カブキ』として登場する。

本来であればゴエモンを憎んでいるはずだが、ゴエモンやエビス丸の問い掛けに対して律儀に敬語で返すという性格面の変更に加え、黒袴が馬乗り型から行灯型に変わり、三つ入れ子枡紋も袴の裾を彩る二本の筋に変更され、下駄も二枚歯の高下駄となり、青地の前垂れにはで「歌舞伎命」と縫い込まれ、新たに装着したプロテクトアーマーの背面からはふぉーえばーへの伏線を連想させる4本のダクトが突き出ているなど大幅なデザイン変更が施された。

なお、派生作品のパチスロ機『がんばれゴエモン』ではりたーんずと共にこの姿で出演し、さらに2011年に発表された続編『がんばれゴエモン2 奇天烈回胴活劇』ではこの時の改造体を素地として限界まで追加改造を施したハイグレードバージョン『カブキリベンジ』として出演している。

大江戸大回転

壮大な勘違いから「日本リサイクル計画」を実行に移し、かつてのかぶき城に似せた内観に改築された大江戸城の廊下でゴエモンたちを待ち構える『不屈の連敗男 カブキ男』として登場する。

姿はカブキ64に極めて近く、諸肌だった上半身にはプロテクトアーマーを装着し、追尾扇子番傘パズソー、見得を切ってから繰り出す突進張り手など新たな機能を与えられている一方、自慢の巨体はゴエモンたちよりもやや大きい程度に抑えられ、袴の三つ入れ子枡紋は「再」の一文字、トレードマークの葛籠は巨大な空き缶という無残な姿に変わり果てた。

前作が外伝作品である点に加え、その後に控える巨大からくりメカも『リサイクルメカ1号 カブキファイナル』である点から見ても、この時のカブキが『でろでろ道中』のカブキ64である証拠を指し示している。

東海道中 大江戸天狗り返しの巻

カブキ本人ではないが、カブキと極めて関連性の高い敵キャラクター『助六』が登場する。

髪型と素襖(古式の直垂)を除いて『暫』の鎌倉権五郎を模倣したつづら助六同様、出で立ちこそ歌舞伎十八番の1つ『助六由縁江戸桜』(すけろくゆかりのえどざくら)の主人公「花川戸助六」(はなかわどのすけろく)を彷彿とさせるが、髪型を権五郎特有の「力紙に鬢」(ちからがみにくるまびん)に整え、その上に筋隈まで施してあるという部分的な崩しを取り入れている。

また、攻撃方法に見られる飛び六方や跳躍からの押し潰し、毒霧、番傘などにも共通点が多く、直接の関係は無いとしても何らかの接点があると推測する材料としては充分である。

関連タグ

コナミ がんばれゴエモン
コミックボンボン 帯ひろ志
ゴエモン

コメント