ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

基本となると、と呼ばれる地面と接する部分はでできており、板に3つ穴を空け、そこに鼻緒を呼ばれる足を引っ掛ける紐を通してある、シンプルな構造。

履くと歯の高さの分、背が高くなる。


和草履と同じく鼻緒は中央についているので新品状態では左右の区別はない。そのため小指側が少し板からはみ出る。イラストでは鼻緒タイプのサンダルのように、左右の別があるように描かれるのがほとんどである。


和服が普段着だった時代には草履と並んで最も一般的な履物であり、昭和期にはバンカラ学生学生服とのコーディネート豪快さをアピールしていた。

現代、日常生活で見ることは少ない。


日常的で簡素なイメージから、原付軽自動車等の簡便な乗り物を「下駄代わり」などと称する。

ツリカケ駆動が主流だった時代の電車は「ゲタ電」と呼ばれていた。

各種端子の変換アダプタを下駄と呼ぶこともある。


「下駄を履かせる」は数量・点数などを水増しして、実際よりも多く見せること。

「勝負は下駄を履くまでわからない」の「下駄を履く」は無事その場を後にするの意。


水上機のうち飛行艇ではないものを下駄履き機と呼んだ


関連タグ

草履 雪駄 足袋 高下駄 ぽっくり下駄 下駄箱  スーパーカブ 一本歯下駄


下駄を履いているキャラクター

関連記事

親記事

履物 はきもの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3948750

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました