ピクシブ百科事典

雪駄

せった

竹皮草履の裏に川を吐いて防水性を高めた草履の一種。

雪駄とは日本履物の一つである。

概説

を利用した「竹皮草履」の裏面に、動物性の皮を張って防水性を持たせた草履
の部分には、「後金(あとがね)」と呼ばれる金属製の小さな金属板が張り付けてある。

発祥は諸説あるが、有力説に千利休の開発であるとするものがある。
茶室までの露地を歩く際、草履では水を打った後に水がしみ込み、下駄では積雪時に歯の間に雪が挟まってしまうとして、茶人仲間の丿貫(へちかん)に頼み、考案されたとされる。

以後、男性の着物の着用時の履物として定着していく。

特に江戸時代同心たちは、“ベタガネ”と呼ばれる大きな後金を付けた雪駄を履くことを粋としており、「雪駄ちゃらちゃら」と雪駄の後金と地面がこすれる音を楽しんだという。
しかし時代が移るにつれ、このちゃらちゃらと鳴るベタガネが疎んじられるようになり、近年では「馬蹄型」と呼ばれる小指ほどの大きさで半月型の後金が主流となっている。また、軽薄で信用ならない相手に使う「チャラい」のような俗語もこのベタガネが語源とされている。

関連タグ

履物 和風
草履 着物

関連記事

親記事

履物 はきもの

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雪駄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1890

コメント