ピクシブ百科事典

ぽっくり下駄

ぽっくりげた

女性用の下駄の一種。

嫁入り前の女性が、晴れ着を着た際に履く下駄の一種。
江戸時代には禿(遊女見習いの幼女)の履物であった。

楕円形の分厚い木製台の底をくりぬき、鼻緒を通して台の内部に小さなを下げ、前緒の下を斜めにカットした「のめり」をつけた、歯のない下駄。
高級なものは柾目の通った材で作られ、台の天に雪駄のような竹皮を編んだ「表」が貼られるが、現在は全面的にで塗り込めて安価に仕上げた製品が多い。側面に蒔絵を施すなどして華やかに造られる。
実物のぽっくり下駄

名の由来は履いて歩く時の音からとも、木製の履物の総称「木履(ぼくり)」からとも言われる。関西では「こっぽり」と呼ぶ。

花魁が履いているのは三枚歯の高下駄で、ぽっくり下駄ではない。

関連タグ

下駄 履物 晴着 七五三 厚底

pixivに投稿された作品 pixivで「ぽっくり下駄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367484

コメント