ピクシブ百科事典

帯ひろ志

おびひろし

『帯ひろ志』とは、日本の漫画家の名称。
目次[非表示]

概要

講談社少年漫画雑誌コミックボンボン』誌上で『がんばれゴエモン』シリーズのコミカライズを約8年間担当した、1990年代の同誌を代表する漫画家

本名は非公表で、30年近く愛用したペンネームは自身の出生地に由来する。

来歴

漫画家デビュー

1959年9月16日、北海道帯広市に生まれ、引越し先の神奈川県で育つ。小学生の頃から4コマ漫画を描くなどして漫画家の道を標榜し、1978年に日本デザイナー学院マンガ科に入学。翌年の卒業後にアニメ関係の会社で背景描画の業務に携わり、さらに翌年には画業に専念するべく埼玉県への移住と共に退社、独立する。

個人のイラストレーター業と並行して集英社漫画雑誌『月刊少年ジャンプ』に持ち込みを繰り返しつつ賞を獲得し、22歳で迎えた1982年の1月増刊号で読み切り作品『星の王子さま』が掲載され、本格的に漫画家としてデビューする。

しかし、デビュー後しばらくはヒット作に恵まれずに苦しい生活を余儀無くされ、イラストレーター業と同人活動、他の漫画家のアシスタントで食い繋ぎながら別名義「本能猛」(ほんのう たける)を使ったアダルト漫画の執筆も手掛け、複数の出版社から単発または短期連載作品を発表する中、1989年に『月刊少年チャンピオン』で掲載された『ミラクル・ランジェリー』で待望の長期連載枠を射止めた。

『がんばれゴエモン』との出会い

かねてより交流があった漫画家のあろひろしの依頼を受けて『優&魅衣』のイメージレコード収録に参加した折、当時のコミックボンボンで機動戦士ガンダムパロディ作品『爆笑戦士!SDガンダム』を執筆していた佐藤元と出会い、佐藤の紹介を受けて1990年6月30日に創刊された月刊姉妹誌『デラックスボンボン』でメンコを題材とした『バトルメンカー』の連載が始まる。3話完結の予定を変更して編集部が1年の長期連載に切り替えたが、この連載中にコミックボンボンで特集記事を組んだ『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』の漫画化に際して作画担当を打診され、デラックスボンボンでの連載終了を契機に以後8年、合計22巻に及ぶコミカライズに一貫して携わる転機が訪れた。

連載当初こそゲームの攻略情報を含んだ手引書としての側面を持ち合わせていたが、独自のギャグテイストを盛り込んだ展開が話題となって徐々に人気を獲得し、特に子供向け漫画雑誌としては異例とも言えるほどの際どいお色気描写を引っさげたヤエちゃんの存在によって不動の地位を確立する。コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)からの信任も厚く、漫画上で展開された一部のオリジナル設定が公式に逆輸入される場合もあり、オリジナルストーリーを含めたコミカライズシリーズは9作品に及んだ。

コミカライズの作画担当から離れてからも、自身の趣味と知識を活かした『ガンプラ甲子園』やコミカライズシリーズ以上のお色気とスラップスティックを押し出した『やわらか忍法SOS』を執筆したが、2006年1月の誌面刷新に伴う作家陣及び作品の総入れ替え(通称「終焉の扉」)を機にコミックボンボンに別れを告げた。

急逝

2007年から東京工学院専門学校マンガ科講師を務め、後進の指導に当たるようになったものの、同年8月31日に脳梗塞を発症して入院する。この時に糖尿病の併発も発覚したが約1週間で退院し、低血糖などの後遺症と向き合いながら教壇に戻り、縁の深い北海道や講談社、さらには中央美術学園などで漫画専門の講師を歴任しつつ対外活動にも積極的に取り組む。

2009年に平成ヤッターマンのコミカライズ『ヤッターマン デンゲキ大作戦』を執筆するが、実はサラリーマン時代にタイムボカンシリーズの1つ『ゼンダマン』で背景描画を担当していた経験があり、偶然にも再びタツノコプロ作品に携わった。

2013年3月には、かつての同僚が一堂に会した『コミックボンボン同窓会』に出席して元気な姿を披露し、同年11月には思い入れの深い『ゆき姫救出絵巻』を再編集した新装版の発刊に漕ぎ着けるなど精力的な活動を続けていたが、2014年8月2日の夕方頃に脳幹出血を発症して緊急入院する事態となり、翌8月3日午前7時40分に病没。享年54。

同年8月9日には、恒例となっていた山口県の徳山大学で開催されるオープンキャンパスへの参加を控え、その他にもコミカライズシリーズ新装版第2弾の準備も進められていた矢先の訃報となった。

人物

月刊少年ジャンプで『われらホビーズ ファミコンゼミナール』を連載していたあおきけいとはデビュー当時からの交流があり、前述のあろひろしや佐藤元、さらには一本木蛮など個性的な漫画家との繋がりを持つ。

総手描きの風潮が色濃く残っていた当時のアニメ業界で少なからず腕を磨いた経験から背景描画を最も得意とする一方、元々の本業であるイラストレーターの立場から3DCGを含むデジタル技術にも対応する柔軟性を備え、特に教壇に立って以降はこの2つを指導の材料として大いに役立てた。

自身が「教え子」と称した弟子の1人におとうさんがおり、ガンガンONLINE誌上で『うちの魔王かみませんよ』を執筆していた。

執筆作品一覧

未刊行作品については誌面掲載年に読み替えの事。

帯ひろ志名義

秋田書店

発刊年名称掲載誌総巻数
1986スーパーエンジェル月刊少年チャンピオン1巻
1989ミラクル・ランジェリー月刊少年チャンピオン4巻


講談社

発刊年名称掲載誌総巻数
1990バトルメンカー竜デラックスボンボン未刊行
1991がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻コミックボンボン3巻
1992がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝編デラックスボンボン4巻
1993新がんばれゴエモン 地獄コミックボンボン2巻
1993がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス編コミックボンボン2巻
1995がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛からくり卍固めコミックボンボン3巻
1996がんばれゴエモン きらきら道中 僕がダンサーになった理由コミックボンボン3巻
1997がんばれゴエモンF(ふい~ばあ)コミックボンボン1巻
1997がんばれゴエモン 宇宙海賊アコギングコミックボンボン1巻
1998がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどりコミックボンボン3巻
1999ガンプラ甲子園コミックボンボン4巻
2004やわらか忍法SOSコミックボンボン3巻
2013新装版 がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻再編集1巻


ホーム社

発刊年名称掲載誌総巻数
2003その時歴史が動いた 戦国編(前田まつ描き下ろし1巻
2003その時歴史が動いた 幕末編(陸奥宗光)描き下ろし1巻
2006その時歴史が動いた 危機突破編(薩摩藩士)描き下ろし1巻
2006その時歴史が動いた 経済立国編(鈴木商店)描き下ろし1巻
2007その時歴史が動いた 昭和史激動編(関東軍描き下ろし1巻
2009ミラクル・ランジェリー(新装版)再編集+描き下ろし2巻


その他

発刊年名称出版社総巻数
1982星の王子さま集英社未刊行
2001ゾイドバトラー雷牙小学館3巻
2002にゃにゃんとコタロー!朝日学生新聞社未刊行
2008ケータイ捜査官7アスキー・メディアワークス未刊行
2009ヤッターマン デンゲキ大作戦アスキー・メディアワークス2巻
2010マンガの壁 マンガ家に成るための心得ガイド銀杏1巻
2014お嬢様番長Amazon Services International1巻


本能猛名義

発刊年名称出版社総巻数
1987フライング少女ハイ!大陸書房1巻
1988アブノーマル千年王国一水社1巻
1991真由美ちゃん、大ピンチ!フランス書院1巻


関連タグ

講談社 コミックボンボン
コナミ がんばれゴエモン
ゴエモン エビス丸 サスケ ヤエちゃん

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「帯ひろ志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223578

コメント