ピクシブ百科事典

奇天烈将軍マッギネス

きてれつしょうぐんまっぎねす

コナミのアクションゲーム『がんばれゴエモン』シリーズのスーパーファミコン版シリーズ第2弾。
目次[非表示]

スーパーファミコンゲーム『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』のこと。
1993年12月22日発売。

ストーリー

福引で琉球リゾートの旅行券を引き当てバカンスを満喫していたゴエモンとエビス丸の元に、
伊賀のものしり爺さんがつくったからくり忍者サスケが訪れる。
なんと、大江戸城が飛行要塞に改造されどこかへすっ飛んで行ってしまったという。
全ては日本征服を目論む謎のキテレツ外国人マッギネス=カス=テイラの策謀であり、
このリゾート旅行もゴエモンたちを厄介払いするためにマッギネスが仕組んだ罠だったのだ。

事の次第を受け、ゴエモンとエビス丸は伊賀のものしり爺さんが開発した
「最新型スーパーウルトラゴージャスベリーごっついからくりメカ」を呼び出す
ほら貝を手に、サスケと共に消えた大江戸城を奪還すべく旅立つのだった

概要

見下ろし型マップによる面クリア型アクションであった前作『ゆき姫救出絵巻』及び
ファミコン版のアクションシリーズ2作品から大きく作風が変わり、
ワールドマップ形式のステージ選択型横スクロールアクションゲームに変化した。

世界観やキャラクターデザイン含めてコミカルタッチがより一層強められると共に、
後のシリーズの常連となる巨大からくりメカ「ゴエモンインパクト」の初登場作品で、
後に連なるSF時代劇コメディの世界観が本作で確立された。

目玉要素であるインパクトでの巨大メカボス戦は後のシリーズに欠かせない高齢要素となると共に、本作で一新されたゲーム性も以降のシリーズの礎のひとつとして継承されていくことになる。

キャラクター

マッギネス=カス=テイラ
マーブル五人衆
カブキ・リターンズ

関連タグ

がんばれゴエモン

pixivに投稿された作品 pixivで「奇天烈将軍マッギネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント