ピクシブ百科事典

マッギネス=カス=テイラ

まっぎねすかすていら

マッギネス=カス=テイラとは、ゲーム『がんばれゴエモン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』にて、ラスボスとして初登場。

元はただの宣教師に過ぎなかったのだが、布教の為に初来日した際に目の当たりにした日本の文化に感動するあまり、その勢いで日本征服を考案し軍団を作って実行に移したというとんでもなく傍迷惑な人物。

人物

ゴエモンカレンダー企画11月分参加イラスト
マッギネス・カブト


宣教師時代はどういった人物だったかは不明であるが、現在は極端なまでの日本かぶれであり、日本に関して可笑しな方向に誤解した文字通り「奇天烈」な格好に加え、慇懃無礼な物腰とインチキ外国人みたいな語尾で話す等、とにかく個性的で濃い人物となっている。
また、大のウサギ好きでもあり、自らがスカウトした科学者集団であるマーブル5人衆や一目惚れして拉致したおみつには、ウサギの着ぐるみを着せている程。
顔に傷があるが、実はこれはシールに過ぎない模様。

ここまでの紹介だとただの変人にしか見えないが、実はからくり技術に精通している程の頭脳明晰で、この辺あたりが前作の『ゆき姫救出絵巻』で宇宙キツネのゴンタの妖術を利用していたただのおっさんに過ぎなかったはんにゃ代将軍との大きな違いである。
また、知略面にも長けており、自らの日本征服の野望において最も邪魔になりうるゴエモンエビス丸江戸から遠い琉球へ行くよう仕向けてから計画を実行に移す慎重さを見せたり、からくり技術で作成した影武者で引き付けている隙をついて無人となったゴエモンインパクトを奪う等、度々ゴエモン達を出し抜く策士ぶりを見せた侮れない人物。

日本文化をこよなく愛しているというのは嘘偽りの無い本物であるらしいが、同時にかなりの欲深さの持ち主でもあり、大江戸城を巨大戦艦に改造して強奪した後は、日本全土の地下も改造して自分の物にしようとしていたらしい。

活躍

奇天烈将軍マッギネス

ストーリーの序盤では福引屋の親父に扮装し、「リゾート旅行の大当たり」と称してゴエモンとエビス丸の二人を江戸から遥か遠方である琉球リゾートの外れにまで飛ばしており、その隙を突く形で密かに改造を施していた大江戸城を「空中要塞マッギネス城」として浮上させ、北方の蝦夷方面へと逃走する。
また、九州から東北の4か所には要塞を築き、自らの配下であるマーブル5人衆に管理させており、更には5人衆の手で建造された巨大ロボットで防衛もさせる事で、日本征服の野望は盤石の態勢となっていた。

しかし、ゴエモン、エビス丸、そしてサスケの三人による予想を遥かに上回る追撃によって、要塞は次々と陥落。切り札といえる巨大ロボットも、物知りじいさんの開発したとされるゴエモンインパクトによって破壊されてしまい、蝦夷の地下での大江戸城の停泊中にて、遂にゴエモン達に追いつかれてしまい、インパクトの突撃によって城の内部にまで攻め込まれる。
そして天守閣にて、遂にゴエモン達と直接対決する事になるのだが、実はからくり技術で精巧に造った影武者と入れ替わっており、ゴエモン達の気を引いている隙に、おみつを連れてインパクトを強奪。一転してゴエモン達を窮地に陥れる。

ゴエモンインパクト!?


だが、それでもゴエモン達の勢いを止める事は出来ず、インパクトを機能停止に追い込まれた事で完全に敗北する。
その後も自分の非を認めず、むしろ自分の邪魔をするゴエモン達に非があると言わんばかりであったが、ゴエモン達に一喝された事でようやく自らの非を認め、その野望に終止符が打たれた。

漫画版

コミックボンボンで連載された故・帯ひろ志氏による漫画版では、大まかな設定は同じであるものの、ゲーム発売前に描かれたオリジナルのストーリーにて、オリジナルの展開を迎えている。
既にマーブル5人衆を配下に加え、日本征服の計画を立てていたのだが、海難事故に巻き込まれて記憶喪失に陥ってしまい、江戸についたマッギネスはゴエモン達に助けられ、「ゴンべ」という仮の名を与えられ、記憶を取り戻すべく共に行動する事になる。
ゴンベの名の由来は、おそらく「名無しの権兵衛(ごんべえ)」と思われる。

ゴエモン達と共に訪れた伊賀で出会った物知りじいさんによって、からくり技術の面白さに目覚めたマッギネスは、新型からくり忍者「サスケ」の開発に協力。その時の実験途中の事故で高圧電流を浴びた結果、自らの記憶を取り戻す形で一時姿を消す事になる。
その後、再び姿を見せる様になったマッギネスは、おみつを大江戸城の祭りに誘い、更には原作同様に「世話になったお礼」としてゴエモンとエビス丸の二人を琉球リゾートへと追いやり、自らの日本征服の計画を実行に移すに至っている。

相撲城の陥落後、ゴエモン達はようやくマッギネスの真の正体を知るに至っており、またマッギネス率いるからくりロボット軍団が、物知りじいさんから得たからくり技術のノウハウを基にして生み出されていたという真実も明らかになっている。

大江戸大回転

かつての野望をゴエモン達に阻止された後、改心したマッギネスは本当の福引屋になっていたらしいが、新たに日本征服を目論むエコロリ斎のリサイクルパワーによって、半ば洗脳されるに近い形で悪の心が復活してしまい、エコロリ斎の配下として再びゴエモン達に立ち塞がる。
しかし、ゴエモン達に再び敗れた結果、黒焦げとなって潔く降参している。

東海道中 大江戸天狗り返しの巻

GBA『がんばれゴエモン1・2 ゆき姫とマッギネス』のソフトをニンテンドーDSにセットしてプレイをする事で登場。また、それによってマーブル5人衆も再登場している。

再びゴエモン達に敗れて元に戻った後、日本に留まっていたマッギネスは漆職人になる道を選んでおり、日々修行に励んでいるようである。

会う事自体に特別な意味は無いものの、それぞれの初登場作品以降の現在の近況を教えてくれる為、興味がある人は見てみるのも良い。

関連タグ

がんばれゴエモン 奇天烈将軍マッギネス 大江戸大回転 東海道中_大江戸天狗り返しの巻

関連記事

親記事

がんばれゴエモン がんばれごえもん

兄弟記事

コメント