ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

江戸時代の大泥棒。創作物では盗んだお金を弱者に分配する義賊扱いされているが、実際は博打に浪費していたという説が有力である。

このような創作がなされた主な理由は、彼が大名屋敷ばかりを狙ったことと、死刑の寸前に周りの人間と縁を切り迷惑が掛からないようにしたことである。前者は面積が広く侵入さえできれば意外と警備が手薄で、また大名は泥棒に入られても体面を気にしてそれを公表しないことが多いから、後者は単にぼっちぎみだっただけであって伝承のような深い意味はない。

略歴

寛政9年生まれ。鳶職をしていたが素行の悪さが元となり父親に勘当される。
以後は賭博漬けの日々を送り、ついには窃盗にまで手を染めてしまう。天保3年、窃盗の罪で市中引き回しの刑によって没。享年36歳。

博打好きは当時から有名だったようで、博打うちの間で「鼠小僧の墓石のかけらを持っているとツキが向いてくる」という都市伝説が広まり、墓石はボロボロになってしまったという。

関連タグ

義賊 泥棒
「鼠」シリーズ 鼠、江戸を疾る
石川五右衛門

関連記事

親記事

義賊 ぎぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鼠小僧次郎吉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました