ピクシブ百科事典

アダサウルス

あださうるす

白亜紀後期の中央アジアに生息した小型の獣脚類である。

概要

全長2m、体重15kgほどの小型のドロマエオサウルス類である。
名前の由来は「モンゴル神話の悪霊のトカゲ」から来ている。
モンゴル南部で発見された小型の二足歩行の肉食恐竜。
両足趾に発達した鉤爪がある。骨盤恥骨が後方に向って伸びている点で鳥類に近い存在だったらしい。

関連項目

恐竜 獣脚類 ドロマエオサウルス科
ヴェロキラプトル

関連記事

親記事

ドロマエオサウルス科 どろまえおさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アダサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227

コメント