ピクシブ百科事典

ドロマエオサウルス科

どろまえおさうるすか

真手ラプトル類の動物の一群。

特徴

後ろ足の第二指の非常に長い鉤爪が科における最大の特徴。柔軟な関節構造から走る際は地面に当たらないよう持ち上げている復元が主流。使用用途は狩猟の際の武器とされ突き刺し、切り裂きの二説が有るが突き刺して使用していたとの説が主流。獣脚類恐竜の中でも特に鳥類に近縁だったことが判明しているグループで、最近の図鑑絵等ではほぼ羽毛恐竜として描かれているが、ジュラシック・パークでヴェロキラプトルが一躍有名になった為か、大型の種はあちらに近いイメージで描かれる事が有る。

分類

真手ラプトル類
ドロマエオサウルス科 Dromaeosauridae
 ○ウネンラギア亜科 Unenlagiinae
 ○ミクロラプトル類 Microraptoria
 ○バンビラプトル(Bambiraptor)
 ○ティアニュラプトル(Tianyuraptor)
 ○アダサウルス(Adasaurus)
 ○真ドロマエオサウルス類 Eudromaeosauria
  ・サウロルニトレステス亜科 Saurornitholestinae
  ・ヴェロキラプトル亜科 Velociraptorinae
  ・ドロマエオサウルス亜科 Dromaeosaurinae

pixivに投稿された作品 pixivで「ドロマエオサウルス科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306

コメント