ピクシブ百科事典

デイノニクス

でいのにくす

中生代白亜紀前期に北アメリカに棲息していた小型肉食恐竜。
目次[非表示]

データ

学名はラテン語で「恐ろしい鉤爪」と言う意味。その名の通り、の第2指に鎌のような鋭く大きな爪が生えていた。
全長2.5〜4メートル、体重50〜70キログラム前後。2足歩行で尾が細い腱に囲まれている。
最初に発見されたラプトルドロマエオサウルス科)として、ヴェロキラプトルと並ぶ知名度を持つ。

恐竜の中では比較的大きなを持つ。
また集団で発掘される機会が多い事から、少なくとも生涯のある程度の時間を群れを作り行動する動物だったと考えられている(但し、オオカミの群れのように良く統率された観れであったかどうかにはまだ議論の余地がある。マグロの群れのようにリーダーが存在せず本能的に行動する群れであった可能性も残されている)
発達した第2指の鉤爪は、戦闘の際、獲物のに深く食い込ませる事が出来たと考えられるが、その物々しさの割に切れ味は鈍く、肉を切り裂くのは難しかったと思われる。

1964年に古生物学者ジョン・オストロムにより発見された。
オストロム博士はデイノニクスの身体的構造を研究し、高い運動能力が想定される事を明らかにした上で「このような動物が(骨格に見合った)活発な動きをするには恐竜が温血動物ではないと無理だ」と結論するに至り、ひいてその仮説は「恐竜温血説」が誕生するきっかけとなった。
羽毛が生えた近縁の恐竜の発見に伴い、最近は羽毛を生やした復元が一般的となっている。→羽毛恐竜

フィクションでは

有名な恐竜映画『ジュラシック・パーク』の”ラプトル”は、実際にはこのデイノニクス(または近縁種のユタラプトル)がモデルであると言われている。
この映画の影響もあってラプトル系統の代表選手として登場することが多く、『刃牙道』では現代に生き返ったピクル宮本武蔵の卓越した剣技と迅さを重ね合わせて見ていた。その際には「アイツ(大型肉食恐竜)は強かった、だから弱い奴が仕留めた死骸を奪えた。だがデイノニクスどもは常に生きた者を襲い切り刻んでいた。故に奴らは凶暴で速かった」とモノローグで独白している。

古い作品では『サイボーグ009』においてこいつを主軸にしたエピソード「デイノニクス編」があり、当時としては画期的だった恐竜温血説を紹介していた。

関連イラスト

ディノニクス その2
Fluffy Deinonychus



関連タグ

恐竜 獣脚類 羽毛恐竜 ドロマエオサウルス ラプトル

pixivに投稿された作品 pixivで「デイノニクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36979

コメント