ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

2005年に部分的な化石がアメリカ・サウスダコタ州のヘル・クリーク累層から発掘され、2015年にダコタラプトル・スタイニと命名された。ダコタラプトルとは「ダコタの略奪者」を意味する。

それまでヘル・クリーク累層や同時期の北米大陸から発見されているドロマエオサウルス科ラプトル)の中では最大で、全長は5.5メートルとユタラプトルに匹敵する巨体を誇る。ただしがっしりとしたユタラプトルと比べると、ダコタラプトルはデイノニクスに似た華奢な体型をしており、軽快な動きでオルニトミモサウルス類テスケロサウルス等の俊敏な獲物を追い込んでいた可能性がある。

それまでの白亜紀末期の北米大陸の獣脚類層は、大型のティラノサウルスと小型のドロマエオサウルス科・トロオドン科しか確認されておらず、中型獣脚類のニッチはティラノサウルスの幼体が担っていると考えられていた。だがダコタラプトルの発見で、中型肉食恐竜もその生態系に存在していたことが証明された。

メディアでの活躍


関連タグ

獣脚類 ドロマエオサウルス科

関連記事

親記事

ドロマエオサウルス亜科 どろまえおさうるすあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダコタラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました