ピクシブ百科事典

ダコタラプトル

だこたらぷとる

白亜紀後期の北米大陸に棲息した、大型のドロマエオサウルス類である。

データ

2005年に部分的な化石がアメリカ・サウスダコタ州のヘル・クリーク累層から発掘され、2015年にダコタラプトル・スタイニと命名された。ダコタラプトルとは「ダコタの略奪者」を意味する。

それまでヘル・クリーク累層や同時期の北米大陸から発見されているドロマエオサウルス類(ラプトル)の中では最大で、全長は5.5メートルとユタラプトルに匹敵する巨体を誇る。
それまでの白亜紀後期の獣脚類層は大型捕食者のティラノサウルスと小型のドロマエオサウルス類しか確認されていなかったが、ダコタラプトルの発見で中型肉食恐竜もその生態系に存在していたことが証明された(ナノティラヌスも中型肉食恐竜だが、独立した種かは議論が分かれるためここでは省く)。

関連タグ

獣脚類 ドロマエオサウルス ラプトル

pixivに投稿された作品 pixivで「ダコタラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1296

コメント