ピクシブ百科事典

ユタラプトル

ゆたらぷとる

中生代白亜紀前期の北アメリカ大陸に生息していた獣脚類の恐竜。

データ

1991年にアメリカのユタ州で発見され、デイノニクスを命名したジョン・オストロムと発掘の資金援助をしたクリス・メイズに敬意を表してユタラプトル・オストロマユソルムと命名された。イギリスでも似た化石が発見されたが、現在ではこれは別種とされている。
全長約5.5~7メートル、体重500~700キロと ドロマエオサウルス科の中では最大級である。
大きな眼と長い前肢を持ち、後脚の人差し指には23cmほどの大きな鉤爪がある。脚の骨ははるかに大きいアロサウルスの脚の骨の2倍の太さで、スピードよりもパワーに適したつくりとなっていた。
同時期に生息したブラキオサウルス類の竜脚類などを捕食していたと考えられている。

他のラプトル類同様、近年の復元図では羽毛を持った姿で描かれる。

関連タグ

恐竜 羽毛恐竜 ラプトル ドロマエオサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ユタラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8950

コメント