ピクシブ百科事典

カルカロドントサウルス

かるかろどんとさうるす

カルカロドントサウルスは、白亜紀前期から後期の北アフリカに棲息した大型肉食恐竜である。
目次[非表示]

学名

歯の特徴がホオジロザメ(カルカロドン)の歯を彷彿とさせたため、それにちなんで命名された。要するに、「ホオジロザメ(の歯をもつ)爬虫類」である。「カルカロドン」そのものは「鋭い歯」を意味する。

発掘の歴史

1920年代にアルジェリアで歯の化石が発見されたが、当初は(あまり深く考えずに)メガロサウルスの新種とされ「メガロサウルス・サハリクス」と命名された(さらに何を思ったか、ドリプトサウルス属にぶち込んだりもしている)。その後、エルンスト・シュトローマーがスピノサウルスなどの化石と共にエジプトで断片的な体骨格を発見し、新たな属を設け、カルカロドントサウルス・サハリクスとして1931年に記載した。しかしこれらの化石は第二次世界大戦ミュンヘン大空襲でスピノサウルスの模式標本と同じ運命を迎えた。
その後長らく忘れ去られていたが、1996年にシカゴ大学の調査隊により、モロッコでおおむね完全な頭骨(後頭部と吻端、下顎を欠く)が発見され、新模式標本として記載された。また2007年にはニジェール産の新種カルカロドントサウルス・イグイデンシスが記載された。

身体的特徴

アロサウルスと同じカルノサウルス類であるが遥かに大きい。推定全長は12~13メートルとされている。全長はティラノサウルスと同等ないしわずかに上回るが、推定体重はむしろ軽い。脳のサイズは彼らの3分の2ほどとされる。
最近発見された近縁種の化石から、羽毛を持っていた可能性が示唆される。

生態

現代の北アフリカ一帯(エジプト、モロッコ、ニジェール、スーダン、アルジェリア等)に棲息していた。近縁種は群れをつくっていた事が判明しているが、カルカロドントサウルスに関してははっきりしない。
肉食で死肉も食べていただろうが、その身体的特徴から積極的なハンターだった可能性が高い。その鋭い歯で獲物に重傷を負わせ、失血死させていたと考えられている。同時期の竜脚類であるパラリティタンの化石に混じって本種の歯が見つかった例もある。同時期にはルゴプスデルタドロメウス、スピノサウルスが棲息していたが、食性の違いからうまく共存していたようである。だがカルカロドントサウルスが他の獣脚類を攻撃するケースがあったらしく、カルカロドントサウルスに食い千切られた後が残ったスピノサウルスの椎骨が見つかっている。

代表的なカルカロドントサウルス科

最大級の肉食恐竜ギガノトサウルスGiganotosaurus



Mapusaurus



エオカルカリア






コンカベナトル



人間との関わり

上述のモロッコ産頭骨のレプリカは日本国内で度々見かける。また、福井県立恐竜博物館では最近これとは別の型のレプリカ(元標本不詳)が展示されるようになった(出来は福井のものの方が良い)。よくミュージアムショップや鉱物店で歯の化石が販売されているが、「色々な意味で」定評のあるモロッコ産である。自分の目でよく見極めよう。
ちなみに今のところ、全身骨格は復元されていない。

関連タグ

恐竜 獣脚類
ギガノトサウルス アロサウルス ティタノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「カルカロドントサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10157

コメント