ピクシブ百科事典

目次[非表示]

発見と命名

アルゼンチンの白亜紀後期の地層で1975年から1977年にかけて発掘され、1980年にサルタサウルス・ロリカトゥスと命名された。名前はアルゼンチンの地名「サルタ」に由来し、種小名は「小さな装甲板で守られた」を意味する。
また、近縁種ネウケンサウルスや1929年に命名されたロリコサウルスを、サルタサウルスのシノニムと考える研究者もいる。

生態

白亜紀以降に急速に繁栄した竜脚類である「ティタノサウルス類」の代表格であり、全長12~15メートル・体重10トン弱と、竜脚類としては小型だった。どっしりとした幅の広い胴体をしており、四肢はやや短めであった。
特筆すべき身体的特徴として、背中に皮骨板(内骨格に由来しない骨質の装甲)を持っていた。豆粒ほどの骨質の粒が皮膚を固め、所々にこぶし大ほどの骨板の装甲で、カルノタウルスアウカサウルスなどの捕食者から身を守ったと考えられている。

サルタサウルスの成長

1997年、アルゼンチンでサルタサウルスのものと思われる大規模な営巣地が発見された。スペイン語で「たくさんの卵」を意味するアウカ・マウエボと命名されたこの発掘地では、胚が残った卵の化石が何百も発掘され、一部には皮膚の痕跡まで残っているものもあった。
これらの化石から、サルタサウルスは群れで行動し、繁殖期になると営巣地に集まって産卵したと考えられている。後ろ足で穴を掘り、直径11~13cm程の卵を15~40個ほど産み、砂や草木で埋めたようだ。孵化した幼体は全長30~40cm程度で、ウロコは成体と同じだが現代のワニと同じように装甲は未発達だった。だが骨に血管が多数確認されていることから、成長は比較的速く、12~15歳ほどで全長10メートル以上になったと考えられている。装甲も、年を取るにつれて発達していったのだろう。

古代王者恐竜キング

第4紀から強さ1400、必殺わざはグー。水属性で登場。同時に登場したグーの超わざ「ショックウェーブ」を超必殺超わざとして使う事が出来る事が雑誌などで取り上げられた。
バトルタイプは第6紀まではこうげきタイプ、2007第3紀から2007第4紀+ではゆうきタイプ、激闘!ザンジャークではピンチタイプ。

体色は緑色だが、「緑の恐竜のたまご」には入っていない。

テレビアニメでは第4話に登場。アマゾンで恐竜カードが雨に打たれた事によって現れた。

第2紀の第1話でも登場した。

関連項目

竜脚類 ティタノサウルス類
ダイナソープラネット

関連記事

親記事

ティタノサウルス類 てぃたのさうるするい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サルタサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1145

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました