ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

カルノタウルスと同じアベリサウルス科に属する獣脚類で、2002年に命名された。


尾の先端を除いてほぼ完全な骨格が発掘されており、アベリサウルス科の解剖学の詳細に大きく貢献した。アベリサウルス科でほぼ完全な化石が発見されているのはカルノタウルスとマジュンガサウルス、そしてスコルピオヴェナトルと本種のみであり(エクリクシナトサウルスが次点か)、なかなか貴重である。

全長6.1m・体重1.5t程の中型獣脚類で、全体として標準的な南米型アベリサウルス類(カルノタウルス亜科)の体型をしている。頭骨はわりあいに華奢なつくりで、カルノタウルスやマジュンガサウルスのような角はなかった。

なお一部の研究者には、アベリサウルスのシノニムではないかと考える者もいる。


化石が見つかった「アウカ・マウエボ」は、ティタノサウルス類(恐らくサルタサウルス)の竜脚類の大営巣地が発見されたことで有名であり、アウカサウルスはこの大営巣地で卵や孵化直前の幼体を捕食していたと考えられている。見つかった化石の頭骨には損傷が確認されたことから、このアウカサウルスは卵の親たちの逆襲を受けて殺されたのではないかとされている。

関連タグ編集

獣脚類 アベリサウルス科

関連記事

親記事

アベリサウルス科 あべりさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました