ピクシブ百科事典

ルゴプス

るごぷす

白亜紀後期のアフリカに棲息した肉食恐竜である。

概要

2000年にニジェールで頭骨などの化石が発掘され、2004年に「ルゴプス・プリムス」と命名された。化石が不完全なのであまりはっきりはしないが、昔は推定全長が9mほどとされていたが、近年は6mまたは4.4~5.3mほどとされている。

発見された時点では最古級にして最も原始的なアベリサウルス類とされていたが、ぶっちぎりで古い(まさかのジュラ紀中期)エオアベリサウルスの発見により、その座は奪われてしまった。もっとも、大陸移動の様子を解明する上で、かなり重要な意味をもっている恐竜でもある。

Rugops


属名は「しわくちゃな顔」を意味するが、骨に動脈や静脈がたくさん走り、頭骨に溝がたくさんあったことに因んでいる。何らかの形で顔面の一部がケラチン(角質)に覆われていたようだ。また鼻先に7つの穴の列が2列に並んでいたことから、現生鳥類のような鶏冠などがあったのかもしれない。
歯は小さく弱々しいことから、同じ地域に棲息したカルカロドントサウルススピノサウルスの食べ残しや動物の死骸を食べるスカベンジャーだったと考えられている。しかし、死骸が簡単に手に入りにくいことや、ハイエナコンドルなどのスカベンジャーもある程度狩りはすることから、ルゴプスも同じ地域に棲息したティタノサウルス類などの植物食恐竜を捕食していたかもしれない。

関連タグ

獣脚類 カルノタウルス マジュンガサウルス アウカサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ルゴプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2287

コメント