ピクシブ百科事典

カルノサウルス類

かるのさうるするい

獣脚類の恐竜の一群であり、アロサウルスとメガロサウルス、そしてスピノサウルスの仲間達の分類である。テタヌラ類とも。
目次[非表示]

もしかして→カルノタウルス

概要

かなり原始的なメガロサウルス科ワニのように長い魚食性の恐竜スピノサウルス科、そして様々な科を含む大型肉食恐竜カルノサウルス類を並べて紹介している。前足は3本指で、腸骨が広がり、後足の筋肉が逞しくなっていて、の先の方があまり曲がらなくなったことが特徴である。主にジュラ紀後期から白亜紀後期の初め頃に栄えていた。

主なカルノサウルス類一覧

アロサウルス科

メガロサウルス科

スピノサウルス科

カルカロドントサウルス科

ネオヴェナトル科

メトリアカントサウルス科

チレサウルス科


関連タグ

恐竜 獣脚類 アロサウルス
メガロサウルス スピノサウルス カルカロドントサウルス

コメント