ピクシブ百科事典

エパンテリアス

えぱんてりあす

ジュラ紀に生息していたアロサウルス科の獣脚類。

概要

ジュラ紀後期の北西アメリカに生息していたアロサウルス科獣脚類
学名は「抱え支える者」を意味する。

モリソン層上部のキンメリッジ期~チトン期の地層より発掘された。見つかった化石は少なく、椎骨や烏口骨、中足骨の一部のみ。
近縁とみられるアロサウルスをもとに推定された全長は約12mに達し、当時としては最大の肉食動物であったと思われる。しかし、化石状態が悪く、さらに比較的状態の良いものでは大きいだけでアロサウルスにしか見えないため、アロサウルス属の新種、またはアロサウルス・フラギリスの大型個体ではないか、という意見もある。

2010年にはアロサウルスの栄えた時期とは多少異なることから、アロサウルスに似た別属である可能性が再び濃厚となったが、標本の状態が悪いことから詳しい同定は未だ困難であるとしている。

関連タグ

アロサウルス科
アロサウルス

関連記事

親記事

アロサウルス科 あろさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エパンテリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント