ピクシブ百科事典

概要

約9000万年前、ティラノザウルスが繁栄する以前の時代にウズベキスタンに生息していたとされる、カルカロドントサウルス類に属する獣脚類大型肉食恐竜の一種。

化石自体は1970年代から1990年代の間にソビエトの研究者により上顎骨の部分が発見されていたものの、その後未同定のまま保管された状態のままになっていたが、2021年に筑波大学と北海道大学などの研究チームにより記載され、新種の恐竜として発表された。

タイプ種名は“ウズベキスタンのウルグ・ベグのトカゲ”という意味を持つ「ウルグベグサウルス・ウズベキスタネンシス」で、15世紀にウズベキスタンを統治していたティムール王朝の君主にして、天文学者、数学者でもあったウルグ・ベクにちなみ命名された。

全長は推定7.5~8m、体重は1t以上とされており、ウズベキスタンで産出された肉食恐竜では最大級を誇る。

また同じ肉食恐竜のティムルレンギアと同一の地層から化石が算出した事から、カルカロドントサウルス類は大型化する前のティラノザウルスの仲間達よりも高次の捕食者として約9000万年前までは彼ら共存しており、生態系の捕食者の頂点が入れ替わったのはそれ以降である事が示唆されている。

関連タグ

カルカロドントサウルス類

関連記事

親記事

カルカロドントサウルス科 かるかろどんとさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルグベグサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント