ピクシブ百科事典

シャモティラヌス

しゃもてぃらぬす

中生代白亜紀前期のタイに生息した大型の肉食恐竜。

概要

全長約6.5mほどの大型の肉食恐竜である。
名前の由来は「シャム(タイの旧国名)の暴君」から来ている。
とその他少しの骨格しか発見されていない。発見当初、骨盤はティラノサウルス・レックスに似た形をしているとされ、シャモティラヌスはティラノサウルス科の祖先に近いと考えられた。現在はメトリアカントサウルス科であると示唆される。

関連タグ

獣脚類 メトリアカントサウルス科

コメント