ピクシブ百科事典

コンカヴェナトル

こんかべなとる

コンカヴェナトルとは白亜紀前期、現在のスペインに生息していた中型の獣脚類恐竜の一つである。 コンカベナトールとも言う。
目次[非表示]

発見と命名

2009年、スペインのカスティーリャ=ラ・マンチャ州クエンカ県のラス・オヤスにある白亜紀前期の地層ラ・ウエルグイナ層からほぼ完全な骨格が発見され、翌年の2010年に発見地とその特徴に由来して「クエンカ県のコブのある狩人」を意味するコンカヴェナトル・コルコヴァトゥスと命名された。
化石は今のところラス・オヤスでしか発見されていないが、一部の研究者は同時期のイングランドに棲息していたベクレスピナクス(旧名アルティスピナクス)と同一種ではないかとも主張している。ベクレスピナクスもコンカヴェナトルに似た特徴が見られるが標本が少ないため、この点ははっきりしていない。

特徴

コンカヴェナトルの化石は、ヨーロッパ産の中型獣脚類としては最も保存状態が良い。カルカロドントサウルス科に分類されるが全長7メートル程度で、多くの近縁種と比べると小型だった。
最大の特徴は、名前の由来ともなったコブのように発達した神経棘である。これは第11と12胴椎の神経棘が極端に長くなっており、第10胴椎の倍以上もあった。また第13胴椎からは極端に神経棘が低くなっており、尾椎でも前方の神経棘が高くなっている。そのため重心となる腰と後肢付近で、かなり頑丈な構造を作り出すことができたと思われる。

他にも頭骨の後眼窩骨はがっしりして大きな塊が付いていた。
また、尾や右足、体の腹側部には、生前の皮膚の痕跡が残されていた。踝の周囲には2種類の多角形の鱗があり、指から末節骨にかけては肉球と角質の爪の痕跡が見られ、現生鳥類の脚に見られる「脚鞘」に類似していた。足のサイズは脚全体の大きさに比べて相対的に小さかった。

羽毛があったのか!?

コンカヴェナトルの右前肢の尺骨には、「乳頭突起」に似た隆起物が並んでいた。乳頭突起は現生鳥類や羽毛の確認された獣脚類に見られる突起で、風切羽が靭帯によって骨に固定される場所である。あの有名なヴェロキラプトルもこれが確認されたことで羽毛があったことが証明された。
しかしコンカヴェナトルは、それらの獣脚類や鳥類より遠縁のアロサウルスに近縁であり、羽毛恐竜の起源がさらに遡ることを示唆していた。後に、同時期に生息した大型のティラノサウルス類のユティランヌスや、さらに原始的なメガロサウルス類の幼体に羽毛が確認されたことから、コンカヴェナトルも羽毛を持っていた可能性がさらに高まった。とは言っても現生鳥類のような風切羽ではなく、原始的な構造の羽毛が生えていたと推測されている。

生態

発掘された化石などから、白亜紀前期のラス・オヤスは乾季と雨季のある亜熱帯気候の湿地帯で、現在の赤道付近にあったと思われる。コンカヴェナトルがこの地を縄張りとしていたのか偶然やってきたのかは不明だが、当時の生態系の頂点に君臨していたと思われる。カルカロドントサウルス科の特徴でもある薄く鋭い歯を武器に、原始的なオルニトミモサウルス類ペレカニミムスや、イグアノドンに近縁のマンテリサウルスを捕食していただろう。

発達した神経棘の役割は未だ不明である。近縁種のアクロカントサウルスとは異なり局所的であるため、名前通りラクダバイソンのように脂肪を貯蓄したコブとなっていた可能性もある。また、ライバルやメスへのディスプレイのためにオスだけが発達させていたとする説もある。その場合なら、交尾の時にも邪魔にならないからである。

余談

ちなみにコンカヴェナトルの発見されたカスティーリャ=ラ・マンチャ州は、あの『ドン・キホーテ』の舞台となった場所でもある。

関連タグ

恐竜 獣脚類
カルカロドントサウルス アクロカントサウルス スペイン

pixivに投稿された作品 pixivで「コンカヴェナトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1693

コメント