ピクシブ百科事典

トルヴォサウルス

とるぼさうるす

ジュラ紀後期に棲息したメガロサウルス類の獣脚類で、ジュラ紀最大の肉食恐竜と考えられている。トルボサウルス、トルウォサウルスとも。
目次[非表示]

発見と命名

1971年にコロラド州で巨大な1本の獣脚類の親指の鉤爪を発見され、古生物学者ジェームス・ジェンセンは同様の化石を発見するために、発見者の夫婦にジュラ紀後期の地層が広がるドライ・メサ発掘地へと案内してもらった。1972年からジェンセンらは発掘を開始し、スーパーサウルスなど大型竜脚類の化石に加え、新種の大型獣脚類の上腕骨・下腕・いくつかの胴椎・骨盤・手の骨化石を発見した。1979年にジェンセンはピーター・ガルトンとともに新種の獣脚類としてこの化石を「トルヴォサウルス・タンネリ」と命名した。
それから部分的な化石がコロラドやユタなどで発掘されてきたが、2000年と2006年にポルトガルのロウニンニャ層からT.タンネリではないかとされる化石が発見されたが、2014年に新種と判明し、「トルヴォサウルス・グルネイ」と命名された。

属名は「残虐な爬虫類」を意味する。種小名は、T.タンネリが末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会第一副管長であるネイサン・エルドン・タナーに、T.グルネイが古生物アーティストで『ダイノトピア』の原作者ジェイムズ・ガーニーに献名されたものである。

ワイオミングで発見された大型獣脚類エドマルカや”ブロントラプトル”は、現在では多くの学者がT.タンネリのシノニムと考えている。また、2013年にロウリンニャ層から発見された獣脚類の卵化石は、T.グルネイのものとされている。

特徴

トルヴォサウルスは同時期に棲息したアロサウルスケラトサウルスより標本が少なく、部分的な化石しか見つかっていないため詳細はまだ謎が多いが、腸骨などの特徴からメガロサウルスに近縁で、特にスピノサウルス類に非常に近縁だったと考えられている。

大きさは2種ともに全長8~10メートル ・体重3~5トン程度だったと推定されており、ジュラ紀の獣脚類では最大だったとされている。だがエドマルカや”ブロントラプトル”とされた化石のサイズから、T.タンネリはティラノサウルスに匹敵する巨体を誇ったと主張する研究者もいる。
2種を識別する最大の特徴は歯の数・口の大きさと形状の違いである。T.タンネリは上顎骨の歯が11本以上あったのに対し、T.グルネイはこれより少なかったようだ。
歯は同時期の獣脚類より長くて太く、第一指の鉤爪も非常に巨大であった。

生態

トルヴォサウルスが発見されている地層からは大型竜脚類が数多く発見されており、その巨体を活かしてそれらを獲物としていた可能性は高いとされている。一部の研究者は、あまり速く走れなかったため死肉を漁るスカベンジャーだったとも主張している。化石がかつて水辺の周りだった場所で発見されていることからそのような環境を好んでいたとされている。古生物学者ロバート・T・バッカーは、そのような環境だった場所で化石が見つかっていることに加え、噛み砕かれたかのようなワニの化石が発見されていることから、それらを獲物にしていたとも主張している。

同時期に棲息したアロサウルスとはニッチが異なっていたとされているが、体格の勝るトルヴォサウルスがアロサウルスを襲うこともあったかもしれない。事実、あるアロサウルスの恥骨にはトルヴォサウルスではないかとされる歯型が残っていた(位置が恥骨なので、単に死骸を漁った可能性もある)。

ロウリンニャ層から発見された卵の化石から、彼らをはじめとする大型獣脚類は卵生で、1層構造の殻を持つことが判明した。しかし彼らが子育てをしていたかはどうかは不明である。

関連タグ

獣脚類 メガロサウルス スピノサウルス アロサウルス スーパーサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「トルヴォサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1291

コメント