ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

かつてメガロサウルスの一種として扱われた肉食恐竜の一つで、最初に化石が発見されたのは1870年だが、エウストレプトスポンディルス・オクソニエンシスという学名がつけられたのは1964年のことである。その意味は「オックスフォード産の真に曲がった脊椎」である。

現在のところ化石はイングランドのオックスフォードの北部でしか見つかっていない。模式標本は全長4.6メートルほどの亜成体で、成体は6メートルほどになったと推測されている。当時のヨーロッパは列島のような状態だったため、海に囲まれていたオックスフォードで島嶼矮化したともされている。

他のメガロサウルス類同様、獰猛な肉食恐竜と考えられ、共存した植物食恐竜を捕食していたと考えられているが、BBCの恐竜番組『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』では当時のオックスフォードが島だったという推測に合わせ、魚介類を捕らえたり浜辺に座礁した魚竜首長竜を捕食する姿で描かれている。

古代王者恐竜キング

2007第1紀+から風属性、強さ1200、必殺わざはチョキで登場した。

ショルダーネームは属性からか「風の奇術師」。

バトルタイプは2007第4紀+はピンチタイプ、激闘!ザンジャークではまもりタイプ、目覚めよ!新たなる力ではパーパータイプ。

「ヨーロッパのたまご」を使用した時に出てくる事もある。

関連タグ

獣脚類 メガロサウルス

関連記事

親記事

メガロサウルス科 めがろさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エウストレプトスポンディルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 821

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました