ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

白亜紀後期のフランス・Argiles et Grès à Reptiles層に生息していたドロマエオサウルス科獣脚類。同層に生息していたヴァリラプトルと同義語である可能性が指摘されている。
山火事の後の現場で化石が見つかったことから、「オリュンポスの炎の略奪者」を意味するピロラプトル・オリュンピウスと命名された。

化石は僅かな歯・爪・脊椎・四肢の化石しか見つかっていないが、近縁種を参考にすると全長2.4mほどだったと推定されている。
解剖学的特徴はゴンドワナ大陸南部のウネンラギア亜科との類似点が見られ、2019年のヘスペロルニトイデス記載時の論文ではウネンラギア亜科の中に配置されている。


フィクションにおいて

ヨーロッパ産のドロマエオサウルス科では知名度が高く、ドキュメンタリー番組や映画などで登場することもある。

ダイナソープラネット

『ピロラプトルの漂流記』では、本種の雄・ポッドが主人公として登場する。

ジュラシックパークシリーズ

ゲーム作品でも登場していたが、2022年放映の第6作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』にて登場が決定する。
恐らくアジア産のヴェロキラプトル、北米産のアトロキラプトルと並ぶ、ヨーロッパ産のラプトルとして選ばれたのではないかと推測されている。
予告編では氷の張った湖に飛び込み、水鳥のように水中を泳ぎながら獲物に襲い掛かる姿が見られるが、これは恐らく近縁種のハルシュカラプトルに基づいたものと考えられている。
しかしながら、ハルシュカラプトルの半水棲説には疑問視する声も上がっており、何よりピロラプトルが泳げたかどうかも現在のところ判明していない。


関連項目

恐竜 獣脚類 ドロマエオサウルス科
ダイナソープラネット
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

関連記事

親記事

ドロマエオサウルス科 どろまえおさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ピロラプトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1141

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました