ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レブラプター

れぶらぷたー

レブラプターとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称である。
目次 [非表示]

スペック

機体名
  • レブラプター
番号
  • EZ-027
所属
分類
全長
  • 11.4m
全高
  • 7.56m
重量
  • 23.5t
最高速度
  • 210km/h
乗員人数
  • 1名
装備
  • イオンチャージャー
武装
  • キラーファング
  • ハイパークロー×2
  • ストライクハーケンクロー×2
  • カウンターサイズ×2
  • ビームガンx2(アニメ)

概要

ガイロス帝国軍が開発したヴェロキラプトル型汎用歩兵ゾイドで、サイズは小型ゾイドに相当。同軍のジェノザウラーと並行して開発が行われた。


ライバル機であるヘリック共和国ガンスナイパーと同じくオーガノイドシステムを安全性とコストの範囲内で低レベルに搭載している。ガンスナイパーと野生型が同じなのは偶然だとされる。


背部に搭載された「イオンチャージャー」は、戦闘時に作動させることでゾイドコアを活性化させる機能がある。そのため、小型ゾイドの範疇を超えた格闘能力を持ち、イグアンの3倍以上で、コマンドウルフを凌駕するというスペックを実現し、集団戦法で大型ゾイドでも撃破することができる。


一方で格闘に特化しすぎてオプション兵装を加味しても射撃能力に乏しいため、ガンスナイパーのようにほぼ同じ機動力を持ち火器が充実しているゾイドや、ハンマーヘッドプテラスのような上空から爆撃してくる相手は大の苦手。ただし、低空での機銃掃射がメインのダブルソーダ相手ならばあちらが火力不足な為勝機はある。


レドラーと同様に固定火器は備えていないが、各部にハードポイントが設けられているので外付けの武装を施すことが可能。アニメやバトルストーリーでは腕部や背部にエネルギー砲を装備しているのが確認でき、とくにアニメでは基本装備となっている。


バリエーション

レブラプターPB

ジェノザウラー(ロットティガー隊配備機)

対大型ゾイド用や城塞攻略用に大型のパイルバンカーユニットを装備した機体。パイルバンカーを二つ装備した「WPB」仕様もあるが、小型ゾイドには不釣り合いな大きさのパイルバンカーを2基搭載したために著しい運動性低下の低下を招いている。


夜警仕様

夜間戦闘やスパイ活動などの特殊工作任務に使用されるタイプ。ジェノザウラーと同じく黒と紫のカラーリングが施され、背部には金色に光るパイルバンカーユニットを装備している。


レイヴェンラプター

Webコミック『ZOIDS妄想戦記』の「紅の未来・黒き過去」に登場したガイロス帝国の黒騎士ハインケル・サーベラー中佐が駆るレブラプターPBで、パイルバンカーの重量に対応するため、俊敏性を高める改造が施されている。


話中では共和国軍の陽動作戦により「紅い疾風」の異名を持つネオゼネバス帝国のカール・ウィンザー少佐が駆るシュトゥルムテュランと交戦することになる。


活躍

バトルストーリー

『機獣新世紀ゾイド 公式ファンブック』内のバトルストーリーにて初登場。南エウロペ大陸のエルガイル海岸線に防衛陣を築いた共和国軍の陣地にジェノザウラーと共に進軍、文字通り数の暴力ゴジュラスを切り刻み撃破している。


その高性能のため、モルガとイグアンに代わる陸軍の主力ゾイドとなっていった。


アニメ

小型ゾイドとしては高性能な本機だが、アニメでは活躍の場に恵まれず、なぜか一か所に固まってビームガンを正面から撃ちながら前進する量産機として描かれることが目立った。

  • おそらく、ゴジュラスが固定砲台にされたのと同じく、製作上の都合だと思われる。

ゾイド-ZOIDS-

舞台がガイロス帝国に移った第19話から登場。数少ない見せ場として、不意打ちでアーバインのコマンドウルフの足を切って行動不能に追いやる場面があった他、バンが搭乗した際にはその性能を遺憾なく発揮し、数体のレブラプターを瞬殺していることから、この機体の性能はキット通り決して悪くないということが分かる。バン自身も「なかなか良いゾイドだな、レブラプターも」とコメントしている。


『ガーディアンフォース編』では、共和国と同盟を結んだガイロス帝国の正規軍が使用したシーンは少なく、あっても汚職で私腹を肥やすシーパース大尉の部隊として登場するなど、ほとんどが敵役という扱いだった。


ゾイド新世紀/ゼロ

「あばよ、紅い閃光」

バックドラフト団が保有するゾイドとして登場するが、ライバルのガンスナイパーとは違い名ありのゾイド乗りは搭乗せず、前作と同様に噛ませ犬的な扱いに終わった。


また、バックドラフト以外のウォーリアーが使った機体もあったが、切り裂き魔スピノサパーの犠牲となっていた。


ゾイドフューザーズ

ジェットファルコンの眠るウルカの森の古代遺跡を護る野良ゾイドとして登場。ブレードの凱龍輝やバートンのロードゲイルによって撃破された。


最終回でセイスモサウルス討伐のために集まったゾイドたちの中にもちゃっかり紛れ込んでいる。



以上のようにアニメでの出番は多いが、本来の性能を活かす大した見せ場も与えられないまま、ライオン型ゾイドや他のメインキャラクター達の当て馬として数多くの機体が屍にされた。

しかも対となるガンスナイパーネームドパイロットに恵まれた一方で、レブラプターは名のあるパイロットはバンが一度乗ったくらいである(あえて言うならバックドラフト団のボルタが乗っている)



キット

1999年より再スタートしたシリーズの記念すべき新規製造キット第1弾。


動力にパワーユニット(ゼンマイ)を採用しているが、ゼンマイを巻く為のリューズがない点が従来とは異なり、背部のイオンチャージャーがリューズの代わりとなる。万一イオンチャージャーを紛失してしまっても、プラスドライバーで代用可能である。


ゼンマイを巻くと腕を振りながら歩行し、背部のカウンターサイズも連動して動く。なお、頭部のコックピットハッチは塗装済みパーツとなっている為、ランナーから切り離した際に切断面から地の成型色が見えてしまう。


夜警仕様は、2000年9月に月刊コロコロコミック誌上限定発売商品として限定発売された。


レイヴェンラプターは、ハピネットの限定仕様ゾイド第4弾として2003年5月に限定発売されている。


2021年には、ガンスナイパーの発売から12年余り経ったが、遂にコトブキヤのシリーズHMMでも発売された。


余談

関連タグ

ゾイド ゾイド-ZOIDS- ゾイド新世紀/ゼロ ゾイドフューザーズ ガイロス帝国 恐竜 ヴェロキラプトル


ガンスナイパー:ヘリック共和国が保有するライバル機。


ブリッツハーケン:レブラプターの後輩の一機。

関連記事

親記事

ガイロス帝国 がいろすていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15805

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました