ピクシブ百科事典

アフターマン

あふたーまん

アフターマンとは、イギリスのサイエンスライター、ドゥーガル・ディクソンによる架空の生物図鑑である。

解説

人類滅亡後、5000万年経った地球に生息する動物達の生態を描く、架空動物の図鑑の体裁をとる。
5000万年経っている訳だから大陸も盛大に移動・変型しており、人類という強力な淘汰圧を生き延びた動物達が適応放散し、生態的地位に応じて進化する様は強烈な印象を残す。

メイン画像のイラストは同著に登場し、表紙も飾った「ナイトストーカー」。出来たばかりの火山に最初にたどり着いた陸生脊椎動物翼手目だったら(普通はとかなのだが)、という想像の下に生み出された、陸生捕食動物である。(※脚に見えるのは元はで、鉤爪が生えているのが後ろ足に当たる。で歩き、で獲物を捕まえるのだ!)
他にも絶滅したクジラに取って代わった巨大ペンギン「ヴォーテックス」、有袋類からそっくりに進化した袋猿「チュカブー」、オオカミ並に巨大化して集団で獲物を襲うネズミの末裔「プレデター・ラット」など、よくこれだけ考えたといいたくなるような未来生物が多数。
みんなのうたでアニメーションと共に放映されたので、覚えているユーザーもいることだろう。

なお、著者は他にも滅ばずに進化した恐竜の図鑑"新恐竜"、「折角なので人類も進化させてみた」"マンアフターマン"、「5000万年? 今度は2億年後までやってやるぜ」"フューチャー・イズ・ワイルド"など、架空戦記ならぬ架空進化ジャンルで独走中である。

関連タグ

鼻行類 マンアフターマン クリーチャー
ドゥーガル・ディクソン

pixivに投稿された作品 pixivで「アフターマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443257

コメント