ピクシブ百科事典

ホレーン

ほれーん

ドゥーガル・ディクソンの著作『アフターマン』に登場する、架空の生物。

概要

英名:Horrane
学名:Phobocebus hamungulus
5000万年後のアフリカサバンナに棲息する霊長類の子孫。
手には鉤爪があり、口の中には鋭いがあるのが特徴。この時代のサバンナには、ライオンヒョウ、そしてチーターと言ったネコ科肉食動物はもうここにはいない。それらに代わってサルの仲間(恐らく祖先はベルベットモンキー辺りかも)から進化したのが、このホレーンの仲間達である。

彼らは、単独または群れで狩りを行い、ストランクスやピックトゥースと言った小~中型のラバック類やより大型のジャイガンテロープ等の草食動物を襲い、獲物は家族で分け合ったり、木の上でゆっくり味わう者もいる。草むらに隠れやすいように、胴体には縞模様があるのが特徴。

関連タグ

アフターマン ドゥーガル・ディクソン ドゥーガロイド
架空生物/架空動物種 クリーチャー
ベルベットモンキー…ご先祖様
ライオン/ヒョウ/チーター…肉食動物ポジションの先輩方

関連記事

親記事

アフターマン あふたーまん

兄弟記事

コメント