ピクシブ百科事典

鼻行類

びこうるい

その存在を含め、全てがフィクションである。
目次[非表示]

概要

南太平洋に存在するハイアイアイ群島で、独自の進化を遂げた哺乳類
モグラハリネズミの系統から分化し、外界から隔絶されたで独自の進化を遂げたと推測されている。
軟骨や海綿体組織で形成されたを持ち、多くの種が名前のごとく鼻で移動を行う。鼻で歩く種の大半は物を掴む為の握力のあるを持ち、後ろ足が退化している。
他に鼻汁で獲物を釣り上げる種や、擬態した鼻で昆虫を誘き寄せて捕らえる種も居る。

然し、極秘裏に行われた核実験によりハイアイアイ群島は水没
島の消滅に伴い、鼻行類も全て絶滅してしまった。

因みにフランス大統領シャルル・ド・ゴールは、この動物の記録を「鼻が大きな自分に対する当て擦りだ」として激怒。フランス国内での鼻行類の研究・記載を一切認めなかったと言われる。

主な種類


ムカシハナアルキ

Archirrhinos haeckelii



オオナゾベーム

オオナゾベーム



注記

鼻行類は、学論文を模した書籍「鼻行類」にて発表された想像上の生物群である。
荒唐無稽な設定ではあるが論文の体を成していたため、日本語版が発売された際には学者を含む多くの人々が釣られてしまった。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「鼻行類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221212

コメント