ピクシブ百科事典

ガルディミムス

がるでぃみむす

白亜紀後期のモンゴルに生息した獣脚類の一種である。

概要

1981年にソ連モンゴルの調査隊によってモンゴルの白亜紀後期の初期の地層から発見されたガルディミムスは、ほかの駝鳥竜類と比べて原始的な恐竜だった。全長3メートル程で歯こそ退化していたが、この種の獣脚類は足の構造が速く走るのに適していたのに対して、ガルディミムスの足は比較的短く、後の種類では退化していた第一趾と第五趾の痕跡を持っていた。他にも腸骨が短く足の筋肉組織があまり強くなかったことなどから、彼らはあまり速く走ることはできなかったらしい。
名前はインド神話の鳥神「ガルーダ」にちなんで「ガルーダを模倣する者」を意味する。

関連タグ

獣脚類 オルニトミムス 駝鳥竜類

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルディミムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント