ピクシブ百科事典

ハルピミムス

はるぴみむす

中生代白亜紀前期にモンゴルに棲息していた小型の雑食恐竜。  

概要

全長約3.6mほどの小型のオルニトミモサウルス類である。
名前の由来はハーピー(伝説の鳥)もどき」から来ている。
の先にがあったり、前足の長短がある等、他のオルニトミムスの仲間とは違った、古い特徴を持っている。歯を持つ獣脚類から、歯のないオルニトミムス類への中間段階を示す恐竜として注目されている。

関連タグ

獣脚類 駝鳥竜類 オルニトミムス

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルピミムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント