ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イネ科

いねか

単子葉類イネ目の植物の一群。科レベルでは最も繁栄している植物で、栽培植物としても重要な種が多く属する。
目次 [非表示]

概要

イネ科(禾本科、poaceae)は被子植物単子葉類イネ目の約8000種(一説には1万種を超える)が属する大きな科。ススキアシシバなど、草原を構成する主要ながイネ科に属する。


現在の地球では繁栄に非常に成功している分類群であり、南極大陸グリーンランドを含む世界の全ての主要な陸地にイネ科主体の群落を作っている。いくつかの種は人間活動に伴い分布を大きく広げており、スズメノカタビラのように熱帯から南極に至る世界中に分布する汎存種もある。


人類との関わりも大変深く、「世界4大作物」のうち3つ、イネコムギトウモロコシがイネ科である(あと1つがナス科ジャガイモ)。その他にもライ麦大麦など、いわゆる「穀物」の多くがイネ科に属し(ソバなどイネ科ではない穀物もある)、穀物の他にもサトウキビタケなど有用植物が多い。一部の種はC4型光合成という低CO2濃度・乾燥・強光に適応した機構を発達させていて、これがイネ科植物が700万年前ほど前から著しく増加した原因とされている。


生存戦略において同じ単子葉類に属するラン科と好対照をなす分類群である。虫媒花としての進化が著しいラン科植物に対し、イネ科は花粉媒介をに頼る風媒花に特化する方向に進化したものであり、花は地味。種数はラン科には大きく及ばないものの、一種当たりの個体数が非常に多くなる傾向があり、生体量(バイオマス)では遥かに上回る。カヤツリグサ科は同じ風媒花として進化し、主要な草原の構成種である点でよく似ているが、カヤツリグサ科は形態的な多様性に乏しいことと、人類にとっての利用価値のある種が限られていることから、イネ科に比べ遥かに注目されることが少ない。


主なイネ科植物

穀物

稲穂

作物(穀物以外)

ハーベスト!

野草・牧草・雑草・グランドカバー

昼寝

観賞用・ハーブ

ラグラス

水生植物

【在水一方】


分類

12亜科を含むが、原始的な亜科を除く主要な系統はBOPクレードとPACMADクレードに大別される。最大の亜科はキビ亜科である。


BOPクレード


PACMADクレード


関連イラスト

小麦畑ダンチクのある風景


関連タグ

単子葉類 ツユクサ類 イネ目

穀物 草原 湿原 牧草

関連記事

親記事

単子葉類 たんしようるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22556

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました