ピクシブ百科事典

イー・チー

いーちー

ジュラ紀後期の中国に棲息した羽毛恐竜で、初めて「皮膜」の翼を持っていた恐竜である。

データ

2015年に遼寧省から発見・命名されたばかりの恐竜で、名前は「奇妙な翼」を意味(漢字で書くと「奇翼龍」)する。
全長60センチ・体重380グラムと非常に小型で、前足の第三指がほかの指より長いことから、同時期の中国に棲息していたエピデンドロサウルスやエピデクシプテリクスなどと同じスカンソリオプテリクス科獣脚類だったと考えられている。

この恐竜は今まで発見されていた羽毛恐竜とは異なり、手首には「尖筆状突起」という奇妙な棒状の骨があり、それを支えにして腕に蝙蝠ムササビ翼竜のような皮膜の翼を持っていた。
発見された化石には皮膜の痕跡がなかったため一部では翼の存在を疑問視する声もあったが、2019年に発見された近縁の新種「アンボプテリクス」にも尖筆状突起があったのに加え、皮膜の痕跡があったため、皮膜の翼をもった恐竜の存在は確定となった。

関連タグ

恐竜 羽毛恐竜 イーチー

関連記事

親記事

スカンソリオプテリクス科 すかんそりおぷてりくすか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イー・チー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 717

コメント