ピクシブ百科事典

カイザーギラレス13世

かいざーぎられすじゅうさんせい

くとぅぐあー、てごす、火と血と死の申し子よ なーすふるて くぅーな 恐怖と凶気と狂乱の王よ さあ、今こそ我の前にその姿を姿を現せ、呪われし破壊の神の末裔よ!全てを炎に包み、全ての命を焼き尽くすのだ! 滅ぼせ、この世界を! 宇宙最凶の大怪獣、カイザーギラレス13世!
目次[非表示]

概要

カイザーギラレス13世とは小説 ティガダイナ&ウルトラマンガイア超時空のアドベンチャー〜に登場する怪獣である。
全身を金色の鎧で包まれ、左手にはトゲがはえた鉄球、そして右手にはシールドを備えた剣を持つ。

設定では呪われし血族の末裔であり、数千億年にわたり幾多の宇宙文明を滅ぼし続けてきた破壊者の宿命が13世という最も不吉な数字に引き継がれた。それがこの歴代最強最悪の宇宙凶獣カイザーギラレス13世である。


関連タグ

超時空のアドベンチャー



以下ネタバレ注意!
















  • 別名:宇宙凶獣
  • 身長:50m
  • 体重:不明
  • 出身地:久地俊介のブレインワールド

この怪獣の正体はモデラーである久地俊介が描いたイラストとそれを元にした造形物を赤い球によって本物の怪獣として実体化させたものである。
そのため上記の設定も彼の脳内設定である。
彼は大手玩具メーカー「ギガンテス」が行なっているモデラーへの登竜門となっているコンペにこのカイザーギラレス13世を出しグランプリを受賞した、発表会に提出するために原型を制作したのだが担当者である長沼の部下が電車の床に置いたせいで暖房で原型が溶けてしまう。彼は2日徹夜しもう一度完成させるも長沼からの連絡は無し。
そして大手テレビ局重役の息子が作った別の作品がグランプリを受賞した(しかも応募は俊介の受賞が決まった直後)。
長沼は謝罪も無いどころか「そっちが勝手に作ってくるって言ったんでしょ?」と開き直った態度を取った事で彼は仕事も手につかなくなり、会社を辞めた。その後原型は送り返されてきたが近くの川に沈めてしまった。
そして彼はギガンテス本社、そのテレビ局、グランプリを取ったモデラーを皆殺しにする為に赤い球の力でカイザーギラレス13世を実体化させたのだった。
召喚する際には上記の呪文を唱える。

最初は赤い球の力を確かめるための実験として召喚され、手始めに勉たちがかつて通っていた小学校を破壊し、街を光線で破壊しようとしたがガーランド財団が開発していた飛行ドローン部隊「ラピュータ」の襲撃に逢い、エネルギーがまだ不十分だったこともあって消滅した。

その後、5時間で初期設定が完了すると再び出現。
街を守るために鹿島田浩、中原耕平、小杉亘の3人が俊介から奪った赤い球の力で呼び出したキングオブモンスとの戦闘ではキングオブモンスの熱戦をシールドではね返し、鉄球と剣で攻撃し圧倒する。最後はビーム光線が炸裂しキングオブモンスを撃破した。
ギガンテス本社ビルを破壊し、長沼を巻き添えにして殺害した後もテレビ局重役とその息子を世界諸共殺すために街で暴れ続けるギラレスだったが、高山我夢からガイアの光を託された俳優吉岡毅志が変身したウルトラマンガイアが登場。ガイアとの戦闘では人々の応援を受けたガイアによって圧倒され、フォトンエッジを放たれるも耐えた。が、V2となったガイアの2発目のフォトンエッジには耐えられず、倒された。

その屍体はチャリジャによってガルラネオジオモスサイコメザードカオスジラークノスフェルの細胞と1つになり……

余談

デザインは丸山浩が担当。カバーイラストや限定版付属のピンズでその姿が確認できる。

関連タグ

赤い球 キングオブモンス

コメント