ピクシブ百科事典

ギャンゴ

もえきゃらかいじゅう

ギャンゴとは、『ウルトラマン』に登場した怪獣である。ケバい外見とカワイイ挙動で人気を博す。
目次[非表示]

概要

種別脳波怪獣
身長2,2m~50m
体重60㎏~6万t


ウルトラマン』第11話「宇宙から来た暴れん坊」に登場。と言っても、ベムスターアストロモンスのようにそのままの姿で来たわけではない。元は宇宙から落下してきた黒い隕石で、持ち主(厳密には半径2メートル以内にいる人間)の脳波を受信して思った通りの姿形になるという性質を持っていた(劇中ではビー玉、スロットレーシング、デコレーションケーキ、グランドピアノ、花嫁、怖そうなオヤジ、ドロドロの赤い液体、超小型ロケットに化けている)。
この隕石が、悪人・鬼田(一峰大二版による漫画では、過酷な実験で6人もの命を奪った極悪マッドサイエンティストという設定)の意志によって怪獣に変身したものである。最初はセコいイタズラばかりしていたが、鬼田が「もっと大きくなれ」と命令し、巨大化。その際に建物の崩壊に巻き込まれて鬼田が気絶してしまい、コントロールを失って暴れる。
特には持っていないが、インドぞう(またかよ…)を1千万頭も持ち上げる馬鹿力(人間で例えれば、成人男性が5台を持ち上げるようなものである)を持っており、クレーンキャッチャーのようなは振り回すだけで武器になる。ウルトラマンは止めに入るが、ギャンゴは死んだふりをして油断させ、キックを放つなどやはりセコい攻撃を仕掛ける。

ウルトラ馬跳び戦法


怒ったウルトラマンはギャンゴをくすぐって脱出、さらに馬跳びや水中への突き落としなどといった、出る番組を間違えたかのようなコミカルな戦法でギャンゴと戦うが、途中で鬼田が意識を取り戻し、ギャンゴのことを忘れたので元の隕石に戻った。その後、隕石はウルトラマンによって宇宙へ返された。

可愛い点

この様にギャンゴはずる賢い怪獣ではあるのだが、駄々っ子のように手足を振り回したり、ウルトラマンのまねをしてを飛ぼうとしてズッコケたり、グルグルパンチを放ったりとコドモのようなコミカルな動きをする。ギャンゴのマヌケなデザインと相まって、ピグモンシーボーズなどと言った可愛い怪獣としての人気も高い。
それでもあまり再登場の機会は無かったが、東日本大震災のあとに円谷プロが子供たちに向けて流したネットCMでは、またまた暴れまわっていた。するとそこにウルトラマンタロウが通りかかり、何やら話を聞いてあげる。実はギャンゴの脚にはトゲが刺さっていたのだ。タロウはトゲを抜いてやり、ギャンゴは感謝して去っていく。タロウの優しさがわかるいいCMだった。

他作品での登場

漫画ウルトラマンSTORY0」では、星間連合の植民星メトロプラネットで暮らす少年が実体化させる。ウルトラマンレオを警戒して暴れ出したお世話ロボットに殺されそうになった少年は、かつて見たベムラー(ギャンゴの着ぐるみはベムラーを改造したものである)を元にイメージを暴走させ、怒りと焦りで「このを破壊したい」と考えてギャンゴを実体化させてしまった。レオと闘うが、最後は破壊する力ではなくみんなを護る力が欲しいと願った少年により隕石の形に戻り、レオの手で隕石も処分された。なお隕石を送り込んだのは星間連合のメトロン星人であり、新たな反応を見たいが為に送ったものであった。
生み出した人間と完全にリンクしており、ダメージを受けると同じ個所に少年も痛みを感じるという性質は、妄想ウルトラセブンを髣髴とさせる。

ウルトラマンオーブ 完全超全集』に収録されているウルトラマンオーブクロニクルのエピソード3「ブラックホールを盗んだ男」では脳波で異次元とリンクしている美少女ビランキに召喚されており、危険な能力故に幽閉されていた彼女が自由になる為に呼び出すが、暴れだして彼女の母星の都市を壊滅状態へと追い込んでしまう。結果ビランキは星間連盟の刑務所惑星である484星に投獄された。
収監されたジャグラーと手を組んで他の囚人宇宙人や怪獣達を解放して484を乗っ取ったビランキの手によって再び召喚され、他の凶悪怪獣軍団と共に惑星に乗り込んだオーブと戦うもオーブグランドカリバーで他の怪獣たちと共に一掃された。

ウルトラマン超闘士激伝新章』ではエンペラ星人の索敵型メタルモンスとしてギャンゴ型の量産メカが登場している。闘士ゾフィー曰く「完全に見張りに特化」「まるで手ごたえが無い」とのことで、ゾフィーと闘士ウルトラマンメビウスにはアッサリ蹴散らされていた。

関連項目

ウルトラ怪獣 ベムラー トーテムポール
カネゴンピグモンガヴァドンシーボーズベムスターミニトータスバルシルバゴンリドリアス - 似たような連中。

関連記事

親記事

ウルトラマン うるとらまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャンゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37398

コメント