ピクシブ百科事典

マグニア

まぐにあ

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

曖昧さ回避


ミチル「昔読んだ小説にね、こんなのがあった。スーパーマーケットにたくさんの人間が閉じ込められるの。外には得体の知れない霧、みんな次々とその中の怪物にやられていくのよ」

概要

別名:寄生怪獣
身長:66m
体重:5万8千t
出身地:宇宙


第22話「霧が来る」に登場。

隕石に乗って地球にやってきた宇宙怪獣。普段は体を霧状に分解しており、無数の寄生生物「小型マグニア」をその中に忍ばせて獲物を探す。
宇宙観測センターとその付近の集落を襲い、住民の喉元に小型マグニアを喰らいつかせて自らの配下に置いて、住民から奪った生体エネルギーを隕石内部に溜め込んでいた。このため、敵との戦いでダメージを受けたりエネルギー切れを起こしてもすぐに回復できる。武器は口から吐く「帯電ミスト」と怪力。

宇宙観測センターに捜査に向かったGUTSのホリイ、ダイゴ両隊員と、たまたまそれに居合わせたリガトロン事件の遺族であるエザキ・ミチルを襲撃する。
霧化している間は通常兵器による攻撃が通用しないが、水に触れると溶けるという弱点があったため、ダイゴが川に転落した際は追跡を断念していた。

隕石からのエネルギー供給によって活動時間の短いウルトラマンティガを追い詰めるが、ガッツウイング1号のミサイル攻撃で隕石を壊され弱体化。最後はデラシウム光流で倒され、同時に寄生された人々も元に戻った。

寄生体(小型マグニア)

寄生怪獣  マグニア(小)


マグニアの分身。節足動物のような足が付いた奇怪に蠢くタマネギのような姿をしており、空中を浮遊して生命体の首筋に寄生し、生体エネルギーを吸収して隕石の中に溜め込む。

寄生された人間は凶暴化するらしく、ダイゴたちは包丁や農具で武装した村人たちに襲撃される羽目になった。生気の失せた暴徒が襲い来る様は、さながらゾンビ映画である。

ガッツハイパーガンでの銃撃でも倒せるほど脆い上に、霧と同様に水に弱いため消火用スプリンクラーでの放水を浴びてまとめて倒されたこともあった。しかし、無数に出現するためキリがなく(ホリイ「アホ、シャレ言うとる場合か!」)、全ての寄生体が霧と合体することによってマグニアとなる。

余談


関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マグニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4176

コメント