ピクシブ百科事典

マグニア

まぐにあ

マグニアとは、ウルトラマンティガに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:66m
  • 体重:5万8千t
  • 別名:寄生怪獣
  • 出身地:宇宙観測センター付近の森

概要

第22話「霧が来る」に登場。
怪隕石と共に地球にやってきた宇宙怪獣。宇宙観測センターに向かっていたGUTSのホリイとマドカ・ダイゴリガトロン事件の遺族である江崎ミチルを襲撃した。

普段はのような姿となって露散しており、小型マグニアを霧の中に忍ばせて獲物を探す。
隕石墜落現場付近の集落を襲い、住民の喉元に小型マグニアを喰らいつかせて自らの配下に置き、住民の生体エネルギーを隕石内部に溜め込んでいた。このため敵との戦いでエネルギー切れを起こしてもすぐに回復することが出来る。武器は口から吐く帯電ミストと両手の爪。

ウルトラマンティガとの戦いでは打撃を寄せ付けない体を活かして善戦し、隕石からのエネルギー回復によって活動時間の短いティガを追い詰めるが、ガッツウィングのミサイルで隕石を壊され弱体化。最後はデラシウム光流で倒され、同時に寄生された人々も元に戻った。

隕石

マグニアの分身体で光を放っており、岩肌もマグニアの体表に似ている。
内部には寄生した人間の生体エネルギーが溜め込んであり、ダメージを受けたりエネルギー切れを起こしたマグニアを瞬時に回復させる生命線的存在。エネルギーは無限に溜めることが出来る。

これを壊さない限りはマグニアは死なず、弱体化もできない。ガッツハイパーガンでは破壊できないほどの強度を誇るが、ガッツウィング1号のミサイルで破壊された。

マグニアが怪獣として実体化する前の姿。
中には無数の寄生体が潜んでおり、宇宙観測センターを手始めに近隣の村の住人たちを奇生体と共に次々と襲っていった。その後、霧と無数の奇生体が合体して巨大化。マグニアへと実体化する。

実体の無い霧ゆえ通常兵器による攻撃は通用しないが、に触れると溶けるという弱点があった為、ダイゴがへ転落した際は追跡を断念している。

マグニア寄生体

寄生怪獣  マグニア(小)


マグニアが怪獣になる前の姿。蜘蛛の足のようなものが付いた玉ねぎを思わせる外見をしており、空中を浮遊して生命体の首筋に食らいつくことによって寄生し、生体エネルギーを吸収する事で隕石の中に溜め込む。マグニアの正体である霧と共に出現する。

寄生された人間は凶暴化するらしく、ダイゴたちは包丁で武装した村人たちに襲撃されている。生気の失せた村人たちが襲い来る様はさながらゾンビ映画である。

ガッツハイパーガンでも倒すことが出来るほど弱い上に、霧と同様に水に弱いため消火用スプリンクラーの放水を浴びてまとめて倒されたこともあった。しかし、無数に出現するためキリがなく、すべての寄生体が霧と合体することによってマグニアとなった。

余談

  • このエピソードはスティーブン・キングの小説「霧」をベースにしており、劇中でも江崎ミチルが「昔読んだ人々がスーパーマーケットに閉じ込められる小説」として話題に挙げている。この小説を原作とする映画「ミスト」は壮絶なバッドエンドを迎えた事で有名だが、小説のほうは希望が残されているともとれる結末であり、ミチルはハッピーエンドと解釈した模様。
  • ウルトラ銀河伝説に登場するベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した。


関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣  寄生
ペドレオン - 22話の脚本を担当した長谷川圭一が「マグニアを四足歩行にしたイメージ」で提案した怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「マグニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3022

コメント